Pocket

今日はドル円(USDJPY)の環境認識を行い今後のトレードプラン
を考えてみます。

月足の環境認識

まず月足です。

2011年9月、10月に付けた安値75.4近辺《Point-A》から上昇して
2015年6月に2007年6月頃の高値(124.3)を
少し越えた125.40近辺《Point-B》まで戻しました。

《Point-A》から《Point-B》の上昇トレンドの
押しが2016年1月頃から入りましたが、
上昇トレンドの押し安値と認識されるポイント101.25《Point-C》
で下げ止まりました。
そこから押し目買いが入って再び上昇しましたが、
前回高値(《Point-B》2015年6月の125.40)まで届かず、
2017年1月の117.85近辺《Point-D》から反転下落しました。

以降、高値更新も安値更新もしないレンジ(三角持ち合い)状態です。


直近は小さいレンジ(桃色四角)を下抜けして下方向。
直近安値101.25《Point-C》まで下がっても不思議ではないですが、
《Point-C》の少し上にあるネックライン(*1)で
反発される可能性もあります。
ネックラインのレートは画像に示した「104.10」近辺になります。


*1:ネックラインとは、
ダブルトップ、トリプルトップ、
ダブルボトム、トリプルボトム形成時に作られる
「ネック(首)」近辺のラインのことです。

下図のようなイメージです。

月足から見て下位足の日足などのみると上図の
ように分かりやすいダブルボトムが、
月足で見ると下図のように見えることが
あると思います。

月足レベルでは明確に確認できませんが、
直近安値で何度が下げ止まったことは分かりますし、
下位足の形状をイメージすると、
ネックラインの位置が月足であっても大まかに
認識できると思います。



上記より、
月足だけで考えられるトレードプランは、

<ショートプラン>

中期足の戻り売りポイントでショート。
ただし一つの目標をネックライン=104.10近辺とします。
ネックラインを下抜けするのであれば、
その下の直近安値101.25《Point-C》を目標とします。

直近安値を抜けると下方向の強さが大きくなり、
次の目標は95円近辺になります。

<ロングプラン>

ネックライン=104.10近辺で下げ止まり、
反転形状が確認されればロング。
目標は直近の小さいレンジ(黄色四角)の下限とします。
または、
直近安値101.25《Point-C》まで下がり、
そこで反転形状が確認できればロングです。

<ノートレード>

戻りを付けずに一気に下がった場合、ノートレードです。

また、直近安値101.25《Point-C》まで下がった場合、
《Point-C》が2014年7月頃の押し安値と同じレベルで
あることから、強い買いが入る可能性が高く、
同時に上から落ちてきた力とぶつかり合い、
一時的なスパイク相場、そしてその後はレンジを作ることも
あり得ますので慎重にトレードをします。
数日ノートレードとなることも想定しておきます。


週足の環境認識

次は週足です。

桃色の線は月足で引いたラインです。

月足の直近の環境認識を少し細かく行っていたため、
週足で新しく認識される情報はありません。

直近安値近辺のネックラインの位置の再確認をします。
月足で引いていたラインで問題ないでしょう。

気になるラインとして、
107.315のラインを追加しておきます。
色の違いが分かり辛いですが、
週足で追加した色はピンクです。

トレードプランも月足で考えたものと同じです。

日足の環境認識

次は日足です。

日足で追加したラインは、赤色です。
105.55近辺まで戻してくれた方が、
戻り売りを狙いやすいですが、ここまで戻すとなると、
数日以上は掛かりそうです。

図の下の方に見える桃色のラインが、
月足で引いたネックラインになり、それが第一目標になります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4H足で1本ラインを追加しました。
4H足の色はオレンジです。

追加した105.25近辺が4H足レベルの
戻り売りポイントの候補です。

戻り売りをするのであれば、
このポイントか、日足で引いた105.55近辺を
戻り売りポイントの候補をして考えます。



今回のドル円に関しては、
月足である程度のトレードプランを考えることができたため、
日足より小さい足においてはあまり考慮するポイントを
挙げていません。

それはそれで良いと思います。

補足

補足
今回の環境認識で使用したトレンドの見方は、
FXで勝つための25のStep
の後半にも書いたダウ理論のトレンド認識です。

具体的には、
高値を更新した際の起点となったポイント=押し安値

安値を更新した際の起点となったポイント=戻り高値
と定義して、
上昇トレンド中に押し安値を下抜けしたら、目線を下方向に切り替え
逆に
下降トレンド中に戻り高値を上抜けしたら、目線を上方向に切り替え
という見方をしています。

そのときに重要になるのが「波」の定義です。
言い換えると「山」と「谷」の定義です。
同じチャートを見ていても人によって「山」「谷」と
認識するポイントは異なります。
それは仕方のないことです。自分の見方を決めつつも、
他の人だったら違うかもしれないという柔軟な考えを
持つことも大事だと思います。

例えば、今回のドル円の月足チャートの
「波」(「山」「谷」)の見方は下の図のように
見ていました。

黄色の線、1本1本が「波」になり、
その波の起点、終点が認識できた「山」と「谷」です。

水色の太い線(95.20)が水色の斜め線で示す
下降トレンドの戻り高値でしたが、
黄色の上矢印のポイントで上抜きしたことで、
上目線に切り替わり、
赤い上矢印の上昇で、直近の「山(高値)」を更新したため
上昇トレンドとなりました。
それにより作られた赤い太線が押し安値です。

したがって、上の定義では、
月足はまだ上昇トレンド中となります。



別の見方をするとすれば下図のようになります。
先ほどに比べもっと大雑把に「波」を定義した場合です。

この場合、戻り高値は水色の太線になり、
そのラインを越えていませんので、
この定義では現在下降トレンド中となります。

2つの例を挙げさせていただきましたが、
どちらが正解というものではありません。

大事なことは、
自分が定義する波のサイズを相対的にどの時間軸のチャート
においても一定にすることです。

日によって波の定義が異なったり、
時間軸によって波の相対的なサイズが異なってしまうと、
環境認識力の一貫性がなくなってしまいます。