Pocket

今、次の5通貨ペアを監視していて、
状態の良い通貨ペアでトレードをしています。


ドル円(USDJPY)
ユーロドル(EURUSD)
ユーロ円(EURJPY)
ポンド円(GBPJPY)
ポンドドル(GBPUSD)



前回の「まとめ」
2018-03-30 環境認識のまとめ
と同じように、
この5通貨ペアすべての状況を整理してみます。

前回同様、表形式にしましたが、
構成は少し変えてみました。

環境評価は次の7段階
A+、A、A-
B+、B、B-
C
で表してみました。


A=トレード可能(利を伸ばす)
B=トレード可能(利は伸ばさない)
C=ノートレード

と評価しています。

そして、
B以上の通貨ペアについてはトレードプランも
書きました。



トレードプランの内容については、
表の下に書いています。

通貨ペア 環境評価 環境認識
ドル円
USDJPY
B+
月足:下方向(サポあり)
週足:小さいレンジの上限
日足:上方向(レジ近辺)
4H:上方向(レジ近辺)
1H:上方向 (レジ近辺)

<トレードプラン(4時間足プラン)>
USDJPY-2018-04-08_001 Point-Aで押し目買い
USDJPY-2018-04-08_002 Point-Bで押し目買い
USDJPY-2018-04-08_003 Point-Cで押し目買い

ユーロドル
EURUSD
B-
月足:上方向(レジ近辺)
週足:上方向(レジ近辺)
日足:レンジ(下限)
4H:下方向(レンジ下限付近から転換か)
1H:上方向(転換直後)
ユーロ円
EURJPY
B-
 月足:上方向(レジ反発)
 週足:下方向(サポレジ転換)
 日足:レンジ(レンジ上限近く)
 4H:レンジ内で上方向(レジ近辺)
 1H:上方向⇒レンジ(レジ近辺)
ポンド円
GBPJPY
A-
月足:上方向
週足:上方向
日足:上方向
4H:上方向
1H:上方向

<トレードプラン(4時間足プラン)>
GBPJPY-2018-04-08_001 Point-Aで押し目買い
GBPJPY-2018-04-08_002 Point-Bで押し目買い

Stop大きめ、枚数少なめ

ポンドドル
GBPUSD
B
月足:上方向(レジ近辺)
週足:上方向(レジ近辺)
日足:レンジ(上限から下降中)
4H:下方向⇒上方向か
1H:上方向(レジ近辺)

<トレードプラン(4時間足プラン)>
GBPUSD-2018-04-08_001 大きく上抜け後、Point-Aでレジサポ転換買い


ドル円のトレードプランをチャート上で示すと次のとおりです。

環境が整ってきたので、普通に押し目買い狙いです。
押し目買いポイントの候補は、
Point-A、B、C
の何れか。またはその間と考え、
そこまで戻ったあと、上方向に反転・反発形状を作った場合にロングです。


日足、4時間足では上目線に変わりましたが、週足はまた下目線ですから、
利益確定は直近高値手前で良いと考えます。




次は、ポンド円です。

ポンド円も押し目買いです。


いい環境になってきましたが、ポンド円は値動きが激しいため、
Stopは広め、枚数はやや少なめが良いでしょう。


時間を掛けてPoint-Bまで戻した方が買いを入れやすいです。




次はポンドドルです。

ポンドドルは重要なラインを抜けきれてないため、
一旦下がる可能性もあります。


ドルも強そうですが、ポンドの方が強いように見えますので、
ロングのみのトレードプランにしました。


ただ、このまま押しを拾うのは難しいため、
重要なラインをしっかり上抜け&確定してから戻ってきたところで、
ロングを考えます。


4時間足で上昇トレンドを作らない場合、
1時間足でトレンドを確認してからの押し目買いとします。


買いの力を蓄えるために、一旦下がってから上抜けした方が
良いです。


それぞれ日足以上のチャートは省きました。
それも重要ですから過去の記事をご参照ください。

2018-04-03 ドル円(USDJPY)の環境認識とトレードプラン
2018-04-05 ポンド円(GBPJPY)の環境認識とトレードプラン
2018-04-06 ポンドドル(GBPUSD)の環境認識とトレードプラン



※具体的な内容になっていますが、あくまで管理人(哲太郎)の考えであって、
収益の保証、或いは直接的に投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。
投資にあたって最終判断はご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
よろしくお願いいたします。<(_ _)>