Pocket

今日はドル円(USDJPY)の環境認識と、
今後のトレードプランを考えてみます。

月足の環境認識

まず月足です。

2011年9月、10月に付けた安値75.4近辺《Point-A》から上昇して
2015年6月に2007年6月頃の高値(124.3)を
少し越えた125.40近辺《Point-B》まで戻しました。

《Point-A》から《Point-B》の上昇トレンドの
押しが2016年1月頃から入りましたが、
上昇トレンドの押し安値と認識されるポイント101.25《Point-C》
で下げ止まりました。
そこから押し目買いが入って再び上昇しましたが、
前回高値(《Point-B》2015年6月の125.40)まで届かず、
2017年1月の117.85近辺《Point-D》から反転下落しました。

以降、高値更新も安値更新もしないレンジ(三角持ち合い)状態です。

直近は小さいレンジ(白色四角)を下抜けして下方向。
直近安値101.25《Point-C》まで下がっても不思議ではないですが、
《Point-C》の少し上にあるネックライン(*1)で
反発される可能性もあります。
ネックラインのレートは画像に示した「104.10」近辺になります。

ここまでは前回と同じですね。

月足の環境認識ですから、
1週間前とそれほど変わらないです。

*1:ネックラインとは、
前々回の記事
2018-03-25 ドル円(USDJPY)の環境認識とトレードプラン
をご参照ください。

週足の環境認識

次は週足です。

白の線は月足で引いたライン、
ピンクラインは前々回の記事で週足に引いたラインです。
このピンクのラインは、
2017年9月の安値で107.306。
このラインがレジスタンスと機能しそうです。

日足の環境認識

次は日足です。

Point-Aを戻り高値と見て、それを上抜けして
安値更新、高値更新したため、
上昇トレンドと認識できます。

しかし、
ピンクのラインは週足レベルのレジであり、
それを大きく上抜けしないと本格的な上昇トレンドには
ならないでしょう。

4時間足の環境認識

次は4時間足です。

環境認識のまとめ記事
2018-04-08 環境認識のまとめ
にも書いたとおり、
日足と4時間足は上昇トレンドです。

20pips前後を狙うのであれば、
この上昇トレンドの押し目買い狙いでも良いと考えます。

ただ、
直ぐ上には週足レベルのレジがありますから、
もう少し大きな波を狙うの場合、
週足のレジを大きく上抜くか、
または、Point-Cくらいまで深い押しを待ち、
そこからの押し目買いを狙います。

<ロングプラン>

まとめ記事に書いたとおり
Point-A、B、Cからの押し目買い
または、
上に書いたとおり週足のレジを大きく上抜けてからの
戻り後の反発上昇を狙います。

<ショートプラン>

前回と同じく、

週足で引いたピンク色の水平線がレジスタンスとして機能する動き、
=水平線に達して、4時間足または1時間足のダブルトップや
4時間足または1時間足でのトレンド転換が見られればショートします。

今は日足、4時間足は上方向の流れですが、
ピンクラインでの動き次第では
4時間足がまた下降トレンドに変わります。

そういう動きになることも想定しておきます。

例えば、
今のPoint-Aからの押し目買いが失敗になり、
Point-Aを下回れば1時間足では下降トレンドになります。


そうなった場合、

週足:下方向
日足:上方向
4時間足:上方向
1時間足:下方向

となり、Point-B、Point-Cは、
1時間足の下方向

4時間足の上方向
の戦い場となります。


それに勝った流れに乗れば良いだけですが、
そういうシナリオも準備しておいた方が良さそうです。


デイトレードランキング

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。