Pocket

今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2012年7月頃の《Point-A》から《Point-C》まで、
押し安値《Point-B》を経由して上昇トレンドでした。

その後《Point-C》から《Point-E》まで、
下降トレンド。
安値を更新した起点《Point-D》が戻り高値です。

《Point-E》から押し安値《Point-F》を経由して
現在まで上昇中です。

上昇中ではありますが、
先月(2018年2月)の足は大きな陰線を作っており、
以前の押し安値である《Point-B》
=戻り高値である《Point-D》=136.08のラインに
強く反応して下落の流れを作ろうとしています。

ここから下降するのであれば、
《Point-F》の上のネックライン(124.06)までは
落ちてくるかもしれません。

月足レベルの環境認識は1週間程度では大きく変わりません。
ただ、1つ変わったのは、
先月(2018年3月)の足が確定したことです。
2月が長い陰線だったのに対して3月は陽線で確定しました。
この陽線の高値を今月上抜けすることがあれば上方向に
行く力が増す可能性が高くなります。


ここまでは、前回の記事
2018-04-07 ユーロ円(EURJPY)の環境認識とトレードプラン
と同じです。

上に書いたとおり、
ここ数日まさに3月の高値を更新しようと
頑張っていますが、まだ決着はついていません。

週足の環境認識

次は週足です。

前々回から、
直近の上昇トレンドの押し安値《Point-A》
=131.80にピンク色で短い水平線を引いています。
また、その前の押し安値《Point-B》にもラインを
引いています。

上からの強い売り圧力を受け、サポがレジになり
反発下落を何度かトライしていましたが、
今週、131.80ラインを上抜けしました。

まだ足が確定してませんから、
完全に抜けたとは言えません。

今週の結果次第で上方向の流れが強くなるか、
下へ戻るか決まりそうです。

日足の環境認識

次は日足です。

日足では前回から赤い水平線を2本引いています。

下の赤い線は、2017年9月頃に
131.80ラインを上抜けした起点として
意識されそうなポイントのラインです。

もう一つの上の赤いラインは先月の高値です。

チャートの右側では、
波の定義を小さくすれば、
上昇トレンドになっていることが認識できます。
その上昇の流れを先月の高値(赤ライン)が
止めようとしているように見えます。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4H足ではレンジになっています。

レンジ上限が週足で引いた131.80近辺のラインから、
日足で引いた先月高値の赤いラインに移動しました。

レンジ下限は日足で引いた129.40近辺の赤いラインです。

レンジですが、チャート右側では、
上昇の流れを作っており、
日足でも書いた先月の高値との攻防が続いています。

1時間足ではダブルトップを作り、
ネックを下抜けしていますから、一旦ピンクラインまで
下落する可能性もあります。

<ショートプラン>

トレード基準足が4時間足であれば様子見です。

トレード基準足が1時間足であれば、
1時間足で確認できるネックラインを
サポレジ転換でショートです。


4時間足、日足は上昇トレンドですが、
1時間足では目線が下になっています。


先月の高値を更新できずにダブルトップを
作った背景、および週足の目線は下。
などの背景からショートを狙っても良いと思います。

ただし、目標は132.00近辺までです。
132.00近辺から4時間足の
押し目買いが入る可能性が高いからです。

まあ、
あまり無理にショートをしなくても良いですが。

<ロングプラン>

131.80ライン前後まで下落して上昇反発形状を作れば
ロングを狙います。

または、先月高値の赤ラインを大きく上抜き、
戻って上昇反発形状を作ればロングします。

1時間足のプラン

今日は1時間足のプランも付けておきます。

上で書いたネックラインをサポレジ転換
(サポート・レジスタンス転換)
した場合のプランです。