Pocket

1週間ぶりの「環境認識のまとめ」です。


今のところ、毎週日曜に「まとめ」を書いています。
できるだけ継続します。^^

先週と同様に
次の5通貨ペアの状況を整理してみます。

ドル円(USDJPY)
ユーロドル(EURUSD)
ユーロ円(EURJPY)
ポンド円(GBPJPY)
ポンドドル(GBPUSD)

前回同様、表形式で纏めてみました。

環境評価は次の7段階
A+、A、A-
B+、B、B-
C



A=トレード可能(利を伸ばす)
B=トレード可能(利は伸ばさない)
C=ノートレード

と評価しています。

そして、
B以上の通貨ペアについてはトレードプランも
書きました。



トレードプランの内容については、
表の下に書いています。

通貨ペア 環境評価 環境認識
ドル円
USDJPY
B+
月足:下方向(サポ反発中)
週足:小さいレンジの上限
日足:上方向(週足レジ近辺)
4H:上方向(週足レジをサポにできるか)
1H:上方向 (週足レジをサポにできるか)

<トレードプラン>
USDJPY-2018-04-15_L01 Point-Dで押し目買い
USDJPY-2018-04-15_L02 Point-Aで押し目買い
USDJPY-2018-04-15_L03 Point-Bで押し目買い

USDJPY-2018-04-15_S01 Point-Bを下抜け後、戻り売り

ユーロドル
EURUSD
B-
 月足:上方向(レジ近辺)
 週足:上方向(レジ近辺)
 日足:レンジ(中央)
 4H:上方向(レンジ下限付近から転換)
 1H:下方向
ユーロ円
EURJPY
B
 月足:上方向(レジ反発)
 週足:下方向
 日足:上方向(レジ攻防)
 4H:上方向
 1H:上方向

<トレードプラン>
EURJPY-2018-04-15_L01 Point-Aで押し目買い
EURJPY-2018-04-15_L02 Point-Bで押し目買い

EURJPY-2018-04-15_S01 Point-Aを下抜け後、戻り売り

ポンド円
GBPJPY
B+
月足:上方向
週足:上方向
日足:上方向(レジあり)
4H:上方向
1H:上方向

<トレードプラン>
GBPJPY-2018-04-15_001 Point-Aで押し目買い
GBPJPY-2018-04-15_002 Point-Bで押し目買い

 Stop大きめ、枚数少なめ

ポンドドル
GBPUSD
B-
月足:上方向(レジ近辺)
週足:上方向(レジ近辺)
日足:上方向(レジ近辺)
4H:上方向(レジ近辺)
1H:上方向(レジ近辺)

<トレードプラン>
GBPUSD-2018-04-15_001 Point-Dで押し目買い
GBPUSD-2018-04-15_001 Point-Eで押し目買い

ドル円のトレードプランをチャートを使って説明します。

週足レベルのレジ(ピンク色の線)を上抜き4時間足も1時間足も
上昇トレンドです。
ただ、日足では週足レベルのレジをローソク足の確定で(実体で)
上抜くことができませんでした。
したがって、注意しながらの押し目買いになると思います。


押し目買い候補は、
上から
Point-D
Point-A
Point-B
です。


また、日足が週足のレジを実体で抜いていない状況から、
下方向への反転の可能性もあることから、
今週、日足が週足のレジを実体で抜くことがなく
下がり、Point-Bを下抜いた場合、戻り売りを考えます。




ユーロドルはレンジ内でウロウロしており方向感がありませんから、
今のところプランなしです。





次は、ユーロ円です。

ドル円とほぼ同じような状況です。
4時間足は上昇トレンドで、日足も上昇トレンドです。
しかし、日足が先月の高値を実体で抜いていません。


したがって、基本は押し目買いですが、
売りも考えます。


押し目買い候補は
・Point-B
・Point-A
です。


Point-Aを下抜いた場合、戻り売りを考えます。

次は、
ポンド円のトレードプランをチャートを使って説明します。

ポンド円は強い上昇トレンド中です。
ただ、一旦目標達成感もあります。
したがって、慎重に押し目買いのプランを考えます。
押し目買いの候補は、
・Point-A
・Point-B
です。
落ちてくるスピードも早いと推測されますから、
ポイントでの反転確認をやや「堅め」で行います。
例えば、1H足の山谷をしっかり確認して
1H足レベルで上に目線が変わってから。などです。

次は、
ポンドドルです。


ポンドドルは普通に押し目買いを考えます。
押し目買いのポイントの候補は
・Point-D
・Point-E
です。

月足レベルのレジ(チャート上部の白いライン)を、
週足、日足、4時間足が実体で上抜いていません。
そのため、反転確認は慎重に行い、
トレード後の利益確定は早めに行います。