Pocket

今日の環境認識はドル円(USDJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2011年9月、10月に付けた安値75.4近辺《Point-A》から上昇して
2015年6月に2007年6月頃の高値(124.3)を
少し越えた125.40近辺《Point-B》まで戻しました。

《Point-A》から《Point-B》の上昇トレンドの
押しが2016年1月頃から入りましたが、
上昇トレンドの押し安値と認識されるポイント101.25《Point-C》
で下げ止まりました。
そこから押し目買いが入って再び上昇しましたが、
前回高値(《Point-B》2015年6月の125.40)まで届かず、
2017年1月の117.85近辺《Point-D》から反転下落しました。

以降、高値更新も安値更新もしないレンジ(三角持ち合い)状態です。

直近は小さいレンジ(白色四角)を下抜けして下方向。
直近安値101.25《Point-C》まで下がっても不思議ではないですが、
《Point-C》の少し上にあるネックライン(*1)で
反発される可能性もあります。
ネックラインのレートは画像に示した「104.10」近辺になります。


ここまでは前回と同じです。


*1:ネックラインとは、
前々回の記事
2018-03-25 ドル円(USDJPY)の環境認識とトレードプラン
をご参照ください。

週足の環境認識

次は週足です。

白の線は月足で引いたライン、
ピンクラインは数週間前に週足に引いたラインです。
このピンクのラインは、
2017年9月の安値で107.306です。
このラインをレジスタンスと見る人もいそうです。

今週はギャップアップで始まったため、
変な形状のローソクの実体でこのレジを抜いています。

日足の環境認識

次は日足です。

Point-Aを戻り高値と見て、それを上抜けして
安値更新、高値更新を継続しています。
上昇トレンドと認識できます。

ピンクのラインは週足レベルのレジで、
ここ数週間意識されていましたが、
今週は週初からギャップを付けて、実体で抜けてしまいました。

4時間足の環境認識

次は4時間足です。

日足と4時間足は上昇トレンドです。

丁度今、週足レベルのレジラインを抜こうとしています。
上抜けして確定するか、
抜けずに止まるか、
によって、見方が変わってきます。


ただ、現時点の目線は上方向です。
基本的な戦略は押し目買いです。

<ロングプラン>

まとめ記事に書いたとおり
Point-A、Bからの押し目買いを狙いいます。
(Point-Dは既に一旦下抜けしたので除いています)

<ショートプラン>

Point-Bを大きく下抜いて確定した場合は、
目線を下に切り替えて、戻り売りを考えます。

基準足が1時間足の方は、
もう少し早めに戻り売りを仕掛けて、
Point-Bが決済目標になるトレードプランになるでしょう。


いつもクリック応援ありがとうございます。
この記事が良かった、面白かったと思っていただけた方は、
応援のクリックをお願いいたします。^^


デイトレードランキング