Pocket

今日はユーロドル(EURUSD)の
環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2012年7月頃の《Point-A》から《Point-C》まで、
押し安値《Point-B》を経由して上昇トレンドでした。


その後《Point-C》から《Point-E》まで、
下降トレンド。
《Point-D》を「山」と認識するのはやや厳しいですが、
《Point-A》の実体を下抜けした重要な起点=戻り高値
と考えました。


《Point-E》まで下降した後は、
なかなか直近安値である《Point-E》を下抜けせず、
レンジを形成し、約2年後の2016年12月に
僅かに直近安値を下抜けしたので、
下降トレンドを継続しました。
そのときの戻り高値のポイントが《Point-F》です。


《Point-G》から現在まで上昇トレンド。
1.2100近辺まで押し目を付けて再上昇中です。
押し安値は《Point-H》。


当面の目標は、以前の戻り高値である《Point-B》=1.2570。
《Point-C》を経由する斜めラインにぶつかるポイントでも
あるため、1.257前後でのトレードには注意したいです。


月足の環境認識を数行で書けば、
10年前からの大きく緩やかな下降トレンドの中で
1年前からの上昇が続いていましたが、
今、緩やかな下降トレンドラインに
ぶつかり少しもみ合っているところ。
と言ったところです。


即ち、
超長期の下降と長期の上昇の攻防中です。


で、ちょっとしたレンジを作っています。


ここまでは前回と同じです。


あまり状況は変わってないですね。直近の動きはレンジです。

週足の環境認識

週足です。

上昇トレンド中のレンジですが、
トレンドラインにぶつかり再上昇しても良いタイミングに
なってきました。

そのように見えますが、直ぐ上に強いレジがありますから、
要注意です。

日足の環境認識

次は日足です。

前々回から赤色の4本のラインは日足で追加しています。
上に2本、下に2本、
レンジの上限と下限の目安です。

現在、レンジ下限から反発上昇をしていますが、
今までのようにレンジ上限までいけていないです。
上昇の勢いが弱くなってきたように見えます。

弱くなってきて一気に上昇することもありますから、
いろいろなケースを想定しておきます。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

完全なレンジです。
チャートの右側では、
4時間足レベルでは一応上昇トレンドと認識できます。

<ロングプラン>

上昇トレンドですが、レンジ中央より上に位置しています。

したがって、当分様子見です。
こういう環境では無理にトレードする必要はないと思います。

<ショートプラン>

ショートも当分なしです。



ユーロドルは2月頃まではいい感じの上昇トレンドでしたが、
最近はその勢いはないですね。
もう少し待っていれば上か下にブレークして、
どちらかに流れが作られると思います。
その流れに乗るのを待つことにします。





いつもクリック応援ありがとうございます。
この記事が良かった、面白かったと思っていただけた方は、
応援のクリックをお願いいたします。^^


デイトレードランキング