Pocket

今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2012年7月頃の《Point-A》から《Point-C》まで、
押し安値《Point-B》を経由して上昇トレンドでした。

その後《Point-C》から《Point-E》まで、
下降トレンド。
安値を更新した起点《Point-D》が戻り高値です。

《Point-E》から押し安値《Point-F》を経由して
現在まで上昇中です。

上昇中ではありますが、
先月(2018年2月)の足は大きな陰線を作っており、
以前の押し安値である《Point-B》
=戻り高値である《Point-D》=136.08のラインに
強く反応して下落の流れを作ろうとしています。

2月が長い陰線だったのに対して3月は陽線で確定しました。
この陽線の高値を今月上抜けすることがあれば上方向に
行く力が増す可能性が高くなります。

ここまでは、前回の記事
2018-04-11 ユーロ円(EURJPY)の環境認識とトレードプラン
とほぼ同じです。

前回書いた3月の高値は更新しましたね。
今月のローソク足は陽線のまま上に伸びています。
これだけみれば上昇の流れがそこそこあるように
認識できます。

週足の環境認識

次は週足です。

前々回から、
直近の上昇トレンドの押し安値《Point-A》
=131.80にピンク色で短い水平線を引いています。
また、その前の押し安値《Point-B》にもラインを
引いています。

先週、その131.80ラインを上抜けしました。

先週の足が確定して上抜けしましたから、
上方向の流れができてきました。

日足の環境認識

次は日足です。

日足では前回から赤い水平線を2本引いていました。

下の赤い線は、2017年9月頃に
131.80ラインを上抜けした起点として
意識されそうなポイントのラインです。

もう一つの上の赤いラインは先月の高値です。

先月の高値を上抜けしましたので、
次の目標として、もう一本赤いラインを追加しました。
2018年2月18日頃のサポレジ転換で
下落の勢いを作った起点です。

次の目標はこのラインになるでしょう。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

チャートの右側では、
上昇トレンドになっていることが認識できます。
ただ、高値を更新できずにトリプルトップを
作ってレンジになっています。

直近の押し安値はPoint-Bです。

このPoint-Bと一番上の赤いラインの間で
レンジを形成する可能性があります。

<ショートプラン>

トレード基準足が4時間足であれば、
Point-Bを下回るまでは様子見です。

トレード基準足が1時間足の場合も同様です。

もし、Point-Bを下抜けした場合、
1時間足、4時間足の目線は下に切り替わります。
4時間足レベルでトリプルトップを作って下げ、
目線も切り替われば一旦売り圧力が強くなると思います。
背景的にも一番上の赤ラインが
長期の戻り売りポイントでありますから、
下がる理由もあります。


とは言え、
4時間足を基準足としてトレードするので
Point-Bを下抜けするまでは、
ロング狙いです。

<ロングプラン>

Point-Bライン前後まで下落して上昇反発形状を作れば
ロングを狙います。

または、今回追加した赤ライン(Point-C)を大きく上抜き、
戻って上昇反発形状を作ればロングします。

トリプルトップを作ったのが気になりますから、
Point-Bまで下落したときの勢いが強い場合、
反転確認を慎重に行います。