Pocket

今日はポンド円の環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2011年12月頃の《Point-A》から《Point-D》まで、
押し安値《Point-B》《Point-C》を経由して上昇トレンドでした。
《Point-B》《Point-C》が押し安値と認識されない人も
いるかもしれませんが、
一応、気になるポイントとしてラインを引いておきます。

その後《Point-D》から《Point-F》まで、
一気に下降です。
この下降においても「山」「谷」を作らずに
落ちていったので戻り高値を認識し辛いです。
が、小さいレンジを一気に下抜けした陰線の始値
《Point-E》にラインを引きます。

そして、現在《Point-F》から上方向の流れです。
《Point-F》を戻り高値と認識しても、
それを上抜けていないため、
定義上は月足レベルではまだ下降トレンドです。

ですので、直近は下降トレンド中の調整の上昇。
となります。

と、定義上は下降トレンドは言え、
一つ下の週足においては上昇トレンドと認識されるのは、
想像できます。

ここまでは前回とほぼ同じです。

前回書いたとおり、3月の高値を上抜けして、
今は、2月の高値を目指しています。

週足の環境認識

次は週足です。

前回から直近高値(先月高値)の水平線を1本追加しています。
今のターゲットはそこになります。

斜め線として、安値切り上げラインのチャネルラインを
引きました。

週足で追加したラインはピンクです。

《Point-A》を押し安値と認識すると、
そのラインが下抜けされましたので、
定義上は下目線ですが、
下値支持線に支えられた上方向の流れとも認識できます。

したがって、週足レベルでは上方向と考えます。

日足の環境認識

次は、日足です。


1月~2月に作ったダブルトップのネックライン近辺に
日足レベルの気になるラインとして前回赤いラインを
引いていましたが、そこにも達して、
今はそこから少し下がっています。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

<ロングプラン>

依然として強い上昇トレンド中ですから、
押し目買い狙いだけです。

押し目買いポイントの候補として
3本のオレンジラインを引きました。

Point-Aを上抜けした場合、
そこを押し目買いポイントとして考えます。

Point-B、Cまで下がると、
1時間足は下目線になっていると思います。
その場合、1時間足の目線が切り替わるのを
待ってからロングを検討します。

<ショートプラン>

ショートは当分なしです。




この記事が良かった、面白かったと思っていただけた方は、
応援のクリックをお願いいたします。^^


デイトレードランキング