Pocket

今日の環境認識はドル円(USDJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2011年9月、10月に付けた安値75.4近辺《Point-A》から上昇して
2015年6月に2007年6月頃の高値(124.3)を
少し越えた125.40近辺《Point-B》まで戻しました。

《Point-A》から《Point-B》の上昇トレンドの
押しが2016年1月頃から入りましたが、
上昇トレンドの押し安値と認識されるポイント101.25《Point-C》
で下げ止まりました。
そこから押し目買いが入って再び上昇しましたが、
前回高値(《Point-B》2015年6月の125.40)まで届かず、
2017年1月の117.85近辺《Point-D》から反転下落しました。

以降、高値更新も安値更新もしないレンジ(三角持ち合い)状態です。

直近は小さいレンジ(白色四角)を下抜けして下降したあと、
《Point-C》の少し上にあるネックラインで反発され
また小さいレンジ(白色四角)に戻ってきました。

週足の環境認識

次は週足です。

白の線は月足で引いたライン、
下の方のピンクラインは数週間前に週足に引いたラインです。
このピンクのラインは2017年9月の安値です。
このピンクラインも
過ぎてしまえば週足レベルではさくっと上抜いた
ように見えますが、日足などの下位足では意識されていました。

今の状態を見ると、
次の目標は、今回新しくラインを引いた
Point-Aの2本のラインが挙げられます。
上のラインはダブルトップのネック、
下のラインは、大きめの陰線の起点です。

日足の環境認識

次は日足です。

日足は上昇トレンド中です。

日足レベルの次のターゲットは、
Point-A
Point-B
Point-C
Point-D(2本)
と考えます。

4時間足の環境認識

次は4時間足です。

日足と同様、4時間足も上昇トレンドです。
ですので、上にある目標近辺に注意しながら
基本は素直に押し目買いです。

<ロングプラン>

ここから下がるのであれば、
日足レベルのラインのPoint-Aまで下がり、
そこから反発確認後のロング、
または、
Point-Bでの反発確認後のロングを考えます。

<ショートプラン>

上から反発する大きな理由がまだないので、
ショートのプランはなしです。



今日は以上です。
ありがとうございました。



読み返してみても、ホント大したことは書いてないですね。
中学生でも書けそうな内容です。




自分のトレードスタイルも単純に押し目買いか戻り売りがメインです。


上昇していれば、押し目買いポイントを幾つか挙げて、
そこで反発確認後にロング、
下降していれば、戻り売りポイントを幾つか挙げておき、
そこで反発確認後にショート。

それだけです。