Pocket

今日はユーロドル(EURUSD)の
環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2012年7月頃の《Point-A》から《Point-C》まで、
押し安値《Point-B》を経由して上昇トレンドでした。

その後《Point-C》から《Point-E》まで、
下降トレンド。
《Point-D》を「山」と認識するのはやや厳しいですが、
《Point-A》の実体を下抜けした重要な起点=戻り高値
と考えました。

《Point-E》まで下降した後は、
なかなか直近安値である《Point-E》を下抜けせず、
レンジを形成し、約2年後の2016年12月に
僅かに直近安値を下抜けしたので、
下降トレンドを継続しました。
そのときの戻り高値のポイントが《Point-F》です。

《Point-G》から現在まで上昇トレンド。
1.2100近辺まで押し目を付けて再上昇中です。
押し安値は《Point-H》。

当面の目標は、以前の戻り高値である《Point-B》=1.2570。
《Point-C》を経由する斜めラインにぶつかるポイントでも
あるため、1.257前後でのトレードには注意したいです。

月足の環境認識を数行で書けば、
10年前からの大きく緩やかな下降トレンドの中で
1年前からの上昇が続いていましたが、
今、緩やかな下降トレンドラインに
ぶつかり少しもみ合っているところ。
と言ったところです。

即ち、
超長期の下降と長期の上昇の攻防中です。

で、ちょっとしたレンジを作っています。

月足は前回と同じです。

週足の環境認識

週足です。

上昇トレンド中のレンジですが、
トレンドラインにぶつかり再上昇しても良いタイミングに
なってきました。
と先週書きましたが、
逆にトレンドラインを下に抜けてきました。

こうなると、1.210のラインまでの隙間を埋めにくる
可能性もあります。

日足の環境認識

次は日足です。

数週間前から赤色の4本のラインを日足で追加しています。
上に2本、下に2本、
レンジの上限と下限の目安です。

今回、赤色の高値切り下げラインを引きました。
レンジ上限まで行けずに、段々と上への勢いが
弱くなってきました。

週足で書いたように「隙間」を埋める可能性もあります。
または、高値切り下げラインを上にブレークして、
上方向に行くかもしれませんね。

どちらについていくか「今」決める必要はなく、
反発してから、または抜けてから決めることにします。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

完全なレンジです。
ただ、日足で書いたとおり、高値切り下げラインが引けたことで、
先週に比べると少し攻めやすくなってきました。

チャートの右側では、
4時間足レベルで下降トレンドと認識できます。
レンジであれば下限近辺ですから、
通常は見送りです。
ただ、高値が切り下がってきたことで、
下方向へのトライもあり得ます。

今のポイントから少し上がって、
Point-Aで上げ渋り日足レベルで抜け切れず、
下方向への反発形状を作られれば、
世界のトレーダー達もショートしそうです。

<ロングプラン>

あるとしてもかなり先になりそうですが、
Point-Cを上抜け、Point-Cを反発して上昇しはじめたら
ついていきます。

<ショートプラン>

上に書いたとおりの戦略です。

Point-A近辺まで戻り下方向に反発下落したら
ショートします。
または、Point-Bを下抜け、戻って反発下落後に
ショートです。

もう少し状況を見て、
直近安値のPoint-Dのラインをサポレジ転換した
と考えショートしても良いです。

何れも、目標は月足で引いたレジラインです。

レジラインまでの隙間を埋めたあと、
急上昇するシナリオも考えておきます。



ということで、
さっき、ちょこっと、エントリーしてみました。

どうなるでしょうか。

<2018/04/24 22:28 追記>
その後、下降して+12.0pipsで1/3分割決済
その後、+20まで下降するが、第2決済の+24までは下がらず、
その後上昇して残り2/3は建値決済でした(^^;



★↓お陰様でFXデイトレード部門で2位になりました!
その後の順位は??クリックして確認してみてください(^^)




デイトレードランキング

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。