Pocket

今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

前半は前回と同じです。

《Point-A》から《Point-B》への下落の後、
約7年の間、安値更新をしていないため
定義上は下降トレンドとは言えませんでしたが、
《Point-C》を起点とした下落でローソク足の実体ベースで
安値を更新して、下降トレンドが発生しました。
《Point-C》が戻り高値となりました。

さらに《Point-D》を起点として安値更新しましたので、
《Point-D》が戻り高値となりました。

現在《Point-E》から調整の戻りが発生して上昇中で、
《Point-B》の実体安値ラインからの戻り売りポイント
に達して戻り売りと、《Point-E》からの上昇が
ぶつかり合っている状態です。

《Point-B》のラインを上抜けして
意識されそうなポイントとしては、
サポレジ転換の《Point-D》のライン、
と以前の戻り高値の《Point-C》のラインがあります。

下方向は《Point-B》の下の最安値のラインです。

それぞれのラインが目標にもなりますし、
戻り売りポイント、押し目買いポイントにもなります。

波の捉え方によって下降トレンド中という人と
上昇トレンド中という人がいそうですが、
直近の流れは上昇中で、
8年前のサポがレジとして機能して上値を抑えられている状態です。

ここまでは先週と同じです。

今日は4月の最後の営業日、
またPoint-Bを上抜けすることなく、
終わりそうです。

週足の環境認識

次は週足です。

週足では、
前回同様、直近の上昇トレンドのチャネルをピンク色で
引いておきます。

今のところ上昇トレンドですが、
上昇中のレンジでそのレンジの下限が
試されているところです。

ここ(Point-Aのライン)を下抜けすると、
週足の目線が下に切り替わります。

日足の環境認識

次は日足です。

日足は押し安値であるPoint-Aを下抜けしました。
そのため目線は下です。

ただ、次のレジ(Point-B)が直ぐ下にありますから、
下がるにしてもそこでの反応を確認したいところです。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4H足では下降トレンド。下落の勢いが強すぎです。
慎重に戻り売りのタイミングを待ちます。

<ショートプラン>

日足の押し安値であるPoint-Aまで戻り、
下方向への反発を確認後、
または、
4時間足で追加したPoint-B近辺まで戻り
同様に下方向への反発を確認してから
ショートを考えます。


または、週足で追加したピンクライン(週足のPoint-A)を
大きく下抜け後に上に戻りピンクラインがレジになったことを
確認してショートを狙います。

<ロングプラン>

下げの勢いが強いため当分なしです。

日足のPoint-B近辺で下げ渋り、
少なくとも1時間足レベルで山谷を作り、
上目線の切り替えができるまで待ちます。



★↓お陰様で奇跡的にFXデイトレード部門で 1位 になりました!
その後の順位は??クリックして確認してみてください(^^)




デイトレードランキング

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。