Pocket

今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2012年7月頃の《Point-A》から《Point-C》まで、
押し安値《Point-B》を経由して上昇トレンドでした。

その後《Point-C》から《Point-E》まで、
下降トレンド。
安値を更新した起点《Point-D》が戻り高値です。

《Point-E》から押し安値《Point-F》を経由して
現在まで上昇中です。

上昇中ですが、
以前の押し安値である《Point-B》
=以前の戻り高値である《Point-D》
=136.08のラインをレジスタンスとして、
2018年2月の足が大きな陰線を作り
一旦下がるかなと思いましたが、
4月の足は先月の高値を超えて上方向の流れが
再開していました。
5月の足は陰線ですがまだ2日ですから
何とも言えません

月足だけ見るとどちらに行っても
不思議ではないでしょう。

週足の環境認識

次は週足です。

数週間前から
直近の上昇トレンドの押し安値《Point-A》
=131.80にピンク色で短い水平線を引いています。

数週間前の足で、
その131.80ラインを上抜けして確定したことで、
上方向の流れができてきました。

しかし、
その上の強めのレジサポラインまで上昇せず
戻ってきて、再び131.80のラインを
下抜けしようとしています。

抜けて確定すれば下方向、
抜けずに確定すれば再上昇
となる可能性が高くなります。

日足の環境認識

次は日足です。

日足には2の赤いラインを引いています。
下の赤いラインは3月の高値、
上の赤いライン(Point-A)は
2018年2月18日頃のサポレジ転換で
下落の勢いを作った起点であり、
2018年1月頃のサポにもなっているラインです。

先週から上のレジに反発して下落している
状態です。

波の定義を小さくすれば、目線は下。
大きめにすると上方向です。

はっきりしない状態ですから、
週足同様、131.80のラインを実体で
抜くかどうかがポイントになっています。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足はここ数日の動きで、
下降トレンドになりました。

戻り高値はPoint-Bです。

以前の押し安値のPoint-Aで
戻り売りが入っていますが、
下げが継続できていません。

<ロングプラン>

基本通り、Point-Bを上抜け目線が変わったら
ロングを検討します。

<ショートプラン>

週足、日足がはっきりしてませんから、
下方向の決着が付いてから、
ショートを狙います。

それまでしばらく様子見です。

1時間足を使った短めのデイトレでしたら、
Point-Aに引きつけてショートして
20pips前後取るプランはありです。



読んでいただき
ありがとうございます。^^
それでは素敵なGW後半を!



↓お陰様で、
5月2日22:50、為替・FX部門で 18位 になりました!
その後の順位は??クリックして確認してみてください(^^)



(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。