Pocket

今日はポンド円の環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2011年12月頃の《Point-A》から《Point-D》まで、
押し安値《Point-B》《Point-C》を経由して上昇トレンドでした。
《Point-B》《Point-C》が押し安値と認識されない人も
いるかもしれませんが、
一応、気になるポイントとしてラインを引いておきます。

その後《Point-D》から《Point-F》まで、
一気に下降です。
この下降においても「山」「谷」を作らずに
落ちていったので戻り高値を認識し辛いです。
が、小さいレンジを一気に下抜けした陰線の始値
《Point-E》にラインを引きます。

そして、現在《Point-F》から上方向の流れです。
《Point-E》を戻り高値と認識しても、
それを上抜けていないため、
定義上は月足レベルではまだ下降トレンドです。

ですので、直近は下降トレンド中の調整の上昇。
となります。

と、定義上は下降トレンドは言え、
一つ下の週足においては上昇トレンドと認識されるのは、
想像できます。
ただし、
4月は3月の高値を一旦上抜けして
上方向の強さを確認していましたが、
4月足が確定してみれば実体では3月の高値を抜けておらず、
5月はそのまま下落しています。

週足の環境認識

次は週足です。

週足で追加したラインはピンクです。

《Point-A》を押し安値と認識すると、
そのラインが下抜けされましたので、
定義上は下目線ですが、
下値支持線に支えられた上方向の流れとも認識できます。

ただ直近の足は3回連続の陰線です。
今は、月足で引いたPoint-Bを目標にして下がっています。

日足の環境認識

次は、日足です。

日足は下降トレンドです。

月足で引いたサポラインのPoint-Aまで、
またはその手前のPoint-Bのラインが
目標になっているように見えます。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足も下降トレンドです。
日足で引いたPoint-Aに達してします。

<ロングプラン>

ロングは当分なしです。

<ショートプラン>

基本、戻り売りです。
Point-Bまで戻って、そこで下に反発、
またはPoint-Aを下抜けしてその後戻り、
そこで下方向に反発してしたときに
ショートを狙います。