Pocket

今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

前半は前回と同じです。

《Point-A》から《Point-B》への下落の後、
約7年の間、安値更新をしていないため
定義上は下降トレンドとは言えませんでしたが、
《Point-C》を起点とした下落でローソク足の実体ベースで
安値を更新して、下降トレンドが発生しました。
《Point-C》が戻り高値となりました。

さらに《Point-D》を起点として安値更新しましたので、
《Point-D》が戻り高値となりました。

ここ数ヶ月《Point-E》から調整の戻りが発生して上昇中で、
《Point-B》の実体安値ラインからの戻り売りポイント
に達して戻り売りと、《Point-E》からの上昇が
ぶつかり合っている状態でした。

今月に入って、先月の安値を下抜けして
やや売り優勢になり、
大きめのサポレジラインである
1.355近辺まで下げてきました。

このラインを実体で下抜けすると、
下方向の流れが強くなります。

週足の環境認識

次は週足です。

Point-Aのラインを下抜けして、
週足の目線が下に切り替わりました。

月足でも書いたとおり
Point-Bの1.355のラインを抜けるかどうかが
ポイントになっています。

下抜けすれば下方向、
抜けなければPoint-AとPoint-Bの間で
レンジになるかもしれません。

日足の環境認識

次は日足です。

日足は押し安値であるPoint-Cを先週下抜けして、
目線は下です。

Point-Cを下抜けしてから一気に下げ、
大きめのサポートであるPoint-Bで
止まりかけています。

日足レベルで実体で下抜けすれば、
売り圧力が強まりそうです。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

数日前から強い下降トレンドでした。
Point-Bが月足レベルの強いラインであるため、
ここでの動きに決着がつくまでノートレードです。

<ショートプラン>

日足の確定足の実体がPoint-Bを下抜け、
4時間足でPoint-Bをレジ反発する形状になればショートです。

<ロングプラン>

当分ロングはなしです。

Point-Aを上抜けしてサポになる動きがあれば、
ロングを考えます。

読んでいただきありがとうございました。^^




メールマガジンを始めます。
日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの
情報を配信していきます。
将来的には勉強会、コンサル案内なども。

ご登録よろしくお願いします。




↓お陰様で、為替・FX部門で 20位 になりました!
その後の順位は??クリックして確認してみてください(^^)



(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。