Pocket

今日の環境認識はドル円(USDJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2011年9月、10月に付けた安値75.4近辺《Point-A》から上昇して
2015年6月に2007年6月頃の高値(124.3)を
少し越えた125.40近辺《Point-B》まで戻しました。

《Point-A》から《Point-B》の上昇トレンドの
押しが2016年1月頃から入りましたが、
上昇トレンドの押し安値と認識されるポイント101.25《Point-C》
で下げ止まりました。
そこから押し目買いが入って再び上昇しましたが、
前回高値(《Point-B》2015年6月の125.40)まで届かず、
2017年1月の117.85近辺《Point-D》から反転下落しました。

以降、高値更新も安値更新もしないレンジ(三角持ち合い)状態です。

直近は小さいレンジ(白色四角)を下抜けして下降したあと、
《Point-C》の少し上にあるネックラインで反発され
また小さいレンジ(白色四角)に戻ってきました。

月足を見る限りどちらにも動きそうです。

週足の環境認識

次は週足です。

白の線は月足で引いたラインです。
大きな流れは高値切り下げ、安値切り上げの
トライアングルと見えます。

ただ直近の動きは上方向。
次の目標は、
前回引いたPoint-Aの2本のラインが挙げられます。
上のラインはダブルトップのネック、
下のラインは、大きめの陰線の起点です。

日足の環境認識

次は日足です。

日足は上昇トレンド中です。
波の定義が小さければPoint-Cが戻り安値です。
先週の金曜と今日で一旦下抜けましたが、
ヒゲを付けて戻ってきました。
実体では抜けてませんから目線も上のままです。

こうなると、
まだ上昇すると見られます。

あとはどの足の波を取りに行くかです。
日足レベルのPoint-Dまでを取りに行くのであれば、
即ロングでも良いかと。
4時間足、1時間足レベルの波でしたら、
もう少し引き付けた方が良いということになります。

4時間足の環境認識

次は4時間足です。

直近の押し安値と見られる黄色の
レクタングル(Point-Cのライン)を
一回下抜けしていますから、
4時間足の目線は下です。

Point-Aを上抜けしてそこがサポになるような
動きになれば、多くのトレーダーの目線が上に
なりそうですから、また上方向が狙えます。

<ロングプラン>

上に書いたとおりです。


4時間足レベルでは、
Point-Aを上抜けしてからの方が安心して
ロングが狙えます。

<ショートプラン>

日曜の環境認識のまとめに書いたとおり
今の状況で安易にショートは危険ですから、
日足レベルの前回サポ(Point-B)を下抜け
してからショートを狙います。




本日から開始したメルマガ登録に
たくさんの登録がありました。
ありがとうございます。


メルマガユーザ様には、
今日の環境認識のポイントと
1時間足のトレードプランについて
配信したいと思います。


「ポイント」と言っても、
あくまで哲太郎(管理人)の考えです。
正しいかどうかは分かりません。
また
自分は「予想屋」ではありません

自分のスタイルは、
トレンド、サポレジを認識して、
そして多少の「背景」を考え、
波に乗る。そして目標で降りる。
それだけです。




メールマガジンを始めました。
日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの
情報を配信していきます。
将来的には勉強会、コンサル案内なども。

ご登録よろしくお願いします。




↓お陰様で、為替・FX部門で 17位 になりました!
その後の順位は??クリックして確認してみてください(^^)



(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。