Pocket

今日はユーロドル(EURUSD)の
環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2012年7月頃の《Point-A》から《Point-C》まで、
押し安値《Point-B》を経由して上昇トレンドでした。

その後《Point-C》から《Point-E》まで、
下降トレンド。
《Point-D》を「山」と認識するのはやや厳しいですが、
《Point-A》の実体を下抜けした重要な起点=戻り高値
と考えました。

《Point-E》まで下降した後は、
なかなか直近安値である《Point-E》を下抜けせず、
レンジを形成し、約2年後の2016年12月に
僅かに直近安値を下抜けしたので、
下降トレンドを継続しました。
そのときの戻り高値のポイントが《Point-F》です。

《Point-G》から現在まで上昇トレンド。
押し安値は《Point-H》です。

当面の目標だった以前の戻り高値である《Point-B》=1.2570。
に達して反発下落して1.2100のラインを下抜けして
下の段に落ちてきています。

月足の環境認識を数行で書けば、
10年前からの大きく緩やかな下降トレンドの中で
1年前からの上昇が続いていましたが、
今、緩やかな下降トレンドラインに
ぶつかり少しもみ合って、

超長期の下降と長期の上昇の攻防中を
していましたが、長期上昇の分が悪くなって
きたところです。


今月の足がこれだけ下がるとPoint-Hまで
下落するのでは。
と考える人もでてきそうです。

※自分はデイトレーダーですから、
月足レベルの「~そうです」だけでは
トレードしません。


週足の環境認識

週足です。

Point-A近辺を押し安値と考えれば、
定義上は上昇トレンドです。

しかし、以前のレジ(1.2100)ラインを
サポにすることなく下抜けしたため
上昇トレンド中の大きな調整というところでしょう。

ここまで下がると、
Point-A、またはその少し手前のPoint-Bあたり
まで下げてもおかしくありません。

※月足と同じです

日足の環境認識

次は日足です。

日足も下降トレンドです。
日足レベルで戻りを確認できないほど
一気に下がりました。

戻り売りをしたいですが、
日足では難しい状態です。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

完全な下降トレンドです。
基本は戻り売りですが、
今、一つの目標であるPoint-Bに達していますから、
Point-Bでの反応を確認してからトレードします。

<ロングプラン>

今の状況では、
当分ロングプランはなしです。

下への流れが強いため、ロングするなら
より堅めの目線の切り替えを確認します。

ここから上昇して、日足レベルで山谷を作り
その山を上抜けたことで目線が上になってから
ロングを考えます。

<ショートプラン>

Point-Bを下抜け、
そこをレジ確認したらショートを狙います。

基本通りの戻り売りです。


自分は「抜け期待」でショートはしません。
抜けたことを確認してから、
戻ったところを反発確認後にショートする方が
優位性が高いと知っているからです。
また、その方がStopを置きやすいです。

読んでいただき、
ありがとうございました。




昨日から開始したメルマガに
たくさんの登録がありました。
ありがとうございました。


メルマガユーザ様には、
今日の環境認識のポイントと
1時間足のトレードプランについて
配信したいと思います。


メルマガの配信は週に2、3回と考えていたのですが、
多くの登録があったので今日も配信いたします。

「環境認識のポイント」と言っても、
あくまで哲太郎(管理人)の考えです。
正しいかどうかは分かりません。
また
自分は「予想屋」ではありません

自分のスタイルは、
トレンド、サポレジを認識して、
そして多少の「背景」を考え、
波に乗る。そして目標で降りる。
それだけです。

変な思い込みをせず
相場にあわせたトレードをすることが
安定して勝ち続けることができるコツだと
考えています。








上に書いたとおり、
今週からメールマガジンを始めました。
日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。
将来的には勉強会、コンサル案内なども。




↓お陰様で、為替・FX部門で 18位 になりました!
その後の順位は??クリックして確認してみてください(^^)



(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。