Pocket

今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2012年7月頃の《Point-A》から《Point-C》まで、
押し安値《Point-B》を経由して上昇トレンドでした。

その後《Point-C》から《Point-E》まで、
下降トレンド。
安値を更新した起点《Point-D》が戻り高値です。

《Point-E》から押し安値《Point-F》を経由して
現在まで上昇中です。

上昇中ですが、
以前の押し安値である《Point-B》
=以前の戻り高値である《Point-D》
=136.08のラインをレジスタンスとして、
2018年2月の足が大きな陰線を作り、
(やっぱり下?)
3月は小さい陽線、
4月に3月の高値を超えたため
多少上に行くのかと思いました。
(もしかして上?)
で、結局5月は坊主頭で下げてきました。

週足の環境認識

次は週足です。

数週間前から
直近の上昇トレンドの押し安値《Point-A》
=131.80にピンク色で短い水平線を引いています。

数週間前の足で、
その131.80ラインを上抜けして確定したことで、
上方向の流れができてきました。

しかし、
その上の強めのレジサポラインまで上昇せず
戻ってきて、再び131.80《Point-A》のラインを
先週下抜けして確定したことで下目線に戻りました。

すでに直近安値付近まで下げてますから、
売るにしてもちょっと慎重になった方が良いです状態です。

日足の環境認識

次は日足です。

先週から引いている直近安値のPoint-Bの
ラインで当然のように反応して
反発上昇しているのがわかります。

こうなると慎重にプランを考えなければなりません。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

日足で書いたとおり
週足、日足で認識できる目標に達しましたので、
要注意です。

直近の動きは「下げ」でしたが
2016年11月頃から上がってきた背景があります。

下降トレンドもちょっとした目標達成で、
上方向に反転する可能性もあります。
=週足以上を主に見ている人は絶好の押し目買い
ポイントと考えられます。

ちょっとした「目標達成」の動きに加えて、
長期足の逆トレンドの新規エントリーが
発生するポイントになっています。
その圧力の影響か日足は大きな陽線になっています。

<ショートプラン>

慎重にトレードするならば、
Point-Bを下抜けした後で、
Point-Bのレジ確認後にショートです。

<ロングプラン>

一気に下がり過ぎたため、目線の切り替えが難しいです。
=戻り高値の認識にブレが出やすい。

Point-C近辺が4時間足の戻り高値とすれば、
Point-Cを上抜け後、目線切り替え、
でさらに今回は、
Point-Cがサポになる動きまで待って
ロングを狙いたいです。



1時間足のプランはメルマガに書きます。




今週から開始したメルマガに
たくさんの登録がありました。
ありがとうございました。


メルマガユーザ様には、
今日の環境認識のポイントと
1時間足のトレードプランについて
配信したいと思います。


週に2、3回と考えていたのですが、
多くの登録があったので今日も配信いたします。^^;




上に書いたとおり、
今週からメールマガジンを始めました。
日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。
勉強会、コンサル案内なども。