Pocket

毎週日曜日の「環境認識のまとめ」です。

先週と同様に
次の5通貨ペアの状況を整理してみます。

ドル円(USDJPY)
ユーロドル(EURUSD)
ユーロ円(EURJPY)
ポンド円(GBPJPY)
ポンドドル(GBPUSD)

前回同様、表形式で纏めてみました。

環境評価は次の7段階
A+、A、A-
B+、B、B-
C



A=トレード可能(利を伸ばす)
B=トレード可能(利は伸ばさない)
C=ノートレード

と評価しています。

そして、
B以上の通貨ペアについてはトレードプランも
書きました。



トレードプランの内容については、
表の下に書いています。

 

通貨ペア 環境評価 環境認識
ドル円
USDJPY
B
月足:下方向
週足:下方向
日足:上方向
4H:下方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
USDJPY-2018-05-13_4HL01 Point-Aを上抜け後の押し目買い
USDJPY-2018-05-13_4HS01 Point-Cを下抜け後の戻り売り

ユーロドル
EURUSD
B
月足:上方向(サポ下抜け)
週足:上方向(サポ下抜け)
日足:下方向(サポ近辺)
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
▲EURUSD-2018-05-13_4HL01 Point-Bで押し目買い

ユーロ円
EURJPY
B

月足:上方向
週足:上方向(目線は下か)
日足:下方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
EURJPY-2018-05-13_4HL01 Point-Cを上抜け後の押し目買い

ポンド円
GBPJPY
B-
月足:上方向
週足:上方向
日足:下方向
4H:下方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
なし

ポンドドル
GBPUSD
B-
月足:上方向
週足:上方向
日足:下方向
4H:下方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
なし

※表中の▲は優位性がやや低い、またはより慎重にトレードしたいプランです。


では、
評価B以上の通貨ペアについてのトレードプランをチャートを使って説明します。

ドル円

まずはドル円です。

ドル円:4時間足のトレードプラン

4時間足の目線は下目線です。
とは言え、
波のサイズの定義によってはまだ上目線のままです。
日足も上昇トレンドを継続しています。

ですので基本はロングです。
ですが、ダブルトップを作り落ちてきていますので
今のポイントから積極的なロングもし難いです。

細かく取るならば、Point-C近辺の反発上昇確認後に
ロングしてPoint-Bの手前まで狙っても良いでしょう。


しかし、


慎重なトレードプランとしては、
今のポイントはちょっとしたレンジと考え、
レンジの上限であるPoint-Aを上抜け、
サポ反発後にロングを考えます。

逆に、110.00というラウンドナンバーを
相場が強く意識して天井が固いと判断、
またPoint-Cの下の隙間を一旦埋めにくると
いう考えで、
Point-Cを下抜け後のレジ反発でショートを狙います。

意外と一気に落ちるかもしれません。

ユーロドル

次はユーロドルです。

ユーロドル:4時間足のトレードプラン

ユーロドルは4月中旬から一気に下げましたが、
5月8日、日足のちょっとしたサポに達して、
反発し調整波を作っています。

日足の目線はまだ下ですが、
4時間足の目線は上に変わりました。

日足の調整波(上方向)に乗るには
ちょっと背景が弱いです。
ですが、
目標となる日足のちょっとした戻り売りポイント
Point-Aまで50pipsほどありますから、
Point-Bで反発上昇の確認ができたあと
ロングをしても良いと考えます。

こういうケースも一応考える練習にはなるので、
プランを考えるのは良いと思います。
考えた上で、トレードはせず結果だけみることは
裁量力をつける材料になるでしょう。

ユーロ円

次はユーロ円です。

ユーロ円:4時間足のトレードプラン

僅かですが、戻り高値を上抜け
実体も越えていますから目線は上です。

背景的にも週足の押し目買いポイントからの上昇で
ダブルボトムを作ろうとしており、
ロングを狙っても良いと考えます。

したがって、トレードプランは
Point-Cを上抜け後&サポ反発後の
ロングになります。
まだ売りも入る形状ですから、
目標はラウンドナンバーであるPoint-D
(131.00)とします。


今回のまとめは以上です。




メールマガジンを始めました。

日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


将来的には勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。