Pocket

今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2012年7月頃の《Point-A》から《Point-C》まで、
押し安値《Point-B》を経由して上昇トレンドでした。

その後《Point-C》から《Point-E》まで、
下降トレンド。
安値を更新した起点《Point-D》が戻り高値です。

《Point-E》から押し安値《Point-F》を経由して
現在まで上昇中です。

上昇中ですが、
以前の押し安値である《Point-B》
=以前の戻り高値である《Point-D》
=136.08のラインをレジスタンスとして、
2018年2月の足が大きな陰線を作り、
戻り売りが始まったように見えました。

3月は小さい陽線、
4月に3月の高値を超えたため
多少上に行くのかと思いました。

で、結局5月は坊主頭で下げてきました。

ということで、やはり戻り売りなのでしょうと。
見られていると思います。

週足の環境認識

次は週足です。

数週間前から
直近の上昇トレンドの押し安値《Point-A》
=131.80にピンク色で短い水平線を引いています。

数週間前の足で、
その131.80ラインを上抜けして確定したことで、
上方向の流れができてきました。

しかし、
その上の強めのレジサポラインまで上昇せず
戻ってきて、再び131.80《Point-A》のラインを
先々週下抜けして確定したことで下目線に戻りました。

すでに一度直近安値付近まで下げ反発上昇しましたが、
再度下がってきました。

日足の環境認識

次は日足です。

目線は下です。

直近安値のPoint-Bのラインで反応して
反発上昇しましたが戻り売りが入り
再び下がっています。

現在再びPoint-Bに向かっています。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足も下目線です。

先週は、
週足、日足で認識できる目標である
Point-Bに達したため要注意。
と書きました。

その後、Point-Bから週足レベルの押し目買いと
思われる買いが入りましたが、
今は、
長期的な下の圧力の影響で再下落中です。

下降中ですが、
一直線で落ちている直近足の下落に
上手く乗るのは難しそうです。
ですので、
しばらく様子見が良いでしょう。

<ショートプラン>

上にも書いたとおり一直線下落のため、
ショートは見送りです。

Point-Bを大きく下抜けして、
レジ確認後のショートを考えます。

<ロングプラン>

Point-Bに達して反転上昇して、
4時間足の目線が上に変われば、
ロングを考えます。

ただし、
直近の下落で波を作ってないため、
今のままだと戻り高値は、
Point-Dです。
小さく波を定義すればPoint-C
あたりが戻り高値になります。

したがって、
少なくともPoint-Bで反転上昇後に
Point-Cを上抜けしないと
ロングは検討できません。






P.S.
昔は、
今のような下落で、
Point-Bまで行くだろうと思い、
飛び乗りショートを良くしてました。
(今回も行くと思います)

でも、飛び乗りであるため、
ラインの反発確認や、
ラインの引き付けなどはなしです。
Stopは固定pipsでした。

確かに勝つこともありました。
でも飛び乗って直ぐ逆行となり秒殺。
そして、
ムキになり何度も繰り返し、
結局大負けになることがありました。


ですので、
たまに勝ってしまうのが問題なのです。


こういうポイントで飛び乗って
勝ってしまうことは、
昨日のメルマガで紹介した特別ページ
に書いてある
「正しい勝ち方」
ではないということですね。

正しい勝ち方を継続して、
数回に1回は上手く負ける。
この繰り返しが良いですね。


今日は以上です。
ありがとうございました。




メールマガジンを始めました。

日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


将来的には勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。