Pocket

今日はポンド円の環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2011年12月頃の《Point-A》から《Point-D》まで、
押し安値《Point-B》《Point-C》を経由して上昇トレンドでした。
《Point-B》《Point-C》が押し安値と認識されない人も
いるかもしれませんが、
一応、気になるポイントとしてラインを引いておきます。

その後《Point-D》から《Point-F》まで、
一気に下降です。
この下降においても「山」「谷」を作らずに
落ちていったので戻り高値を認識し辛いです。
が、小さいレンジを一気に下抜けした陰線の始値
《Point-E》にラインを引きます。

そして、現在《Point-F》から上方向の流れです。
《Point-E》を戻り高値と認識しても、
それを上抜けていないため、
定義上は月足レベルではまだ下降トレンドです。

ですので、直近は下降トレンド中の調整の上昇。
となります。

そして、5月足では月足レベルで確認可能な
一旦主要なレジサポラインまで下がって後、
反発上昇しています。

週足の環境認識

次は週足です。

週足で追加したラインはピンクです。

《Point-A》を押し安値と認識すると、
そのラインが下抜けされましたので、
定義上は下目線ですが、
下値支持線に支えられた上方向の流れとも認識できます。

直近の足は3回連続の陰線でしたが、
先週と今週の足は月足で引いたPoint-Bで
反発上昇しています。

日足の環境認識

次は、日足です。

日足は下降トレンドです。

月足で引いたサポラインのPoint-Aまで達して
一旦反発上昇、その後戻り売りが入り、
今は再び反発して上昇しています。

こうなってくると、
以前のレジライン(Point-B、C)を
目標とするでしょう。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足の目線は上です。

日足は下降トレンド中ですが、
4時間足が反転上昇した起点のポイントが
月足、週足レベルの押し目買いポイントで
あることから、
4時間足トレーダーであれば、
(日足トレンドと一致が条件に
しないトレーダーであれば)
積極的にロングを狙っても良いと思います。

<ロングプラン>

基準足が4時間足であれば、
押し目買いポイントのPoint-Aで
ロングを狙います。

自分も先ほどロングしました。
既にリカク済みです。

このプランは丁度1週間前に書いたプランですね。

また、
スイングトレーダーでしたら、
しばらく保有でも良いのかと思います。

このあと、Point-BやPoint-Cを
上抜けすることがあれば、
そのポイントをサポ確認後に
ロングを狙います。

<ショートプラン>

日足の戻り売りポイントである
Point-BやPoint-Cで反転下落して、
4時間足の目線が下になった場合、
ショートを考えます。

ただ、
ショートするポイントが
月足、週足の買いポイントで
あるPoint-Zに近い場合、
利幅は少ないと判断して、
ショートを見送ります。



今日は以上です。

読んでいただき
ありがとうございました。




メールマガジンを始めました。

日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


将来的には勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。