Pocket

今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

《Point-A》から《Point-B》への下落の後、
約7年の間、安値更新をしていないため
定義上は下降トレンドとは言えませんでしたが、
《Point-C》を起点とした下落でローソク足の実体ベースで
安値を更新して、下降トレンドが発生しました。
《Point-C》が戻り高値となりました。

さらに《Point-D》を起点として安値更新しましたので、
《Point-D》が戻り高値となりました。

ここ数ヶ月《Point-E》から調整の戻りが発生して上昇中で、
《Point-B》の実体安値ラインからの戻り売りポイント
に達して戻り売りと、《Point-E》からの上昇が
ぶつかり合っている状態でした。

今月に入って、先月の安値を下抜けして
やや売り優勢になり、
大きめのサポレジラインである
1.355近辺まで下げてきました。

このラインを実体で下抜けすると、
下方向の流れが強くなります。

やはり、月足レベルで意識される
この1.355近辺のラインでの抵抗は強そうです。
月足を見ただけでは分かりませんが、
下位足で見ると抵抗の強さが分かります。

と先週書きました。
状況は1週間前とほぼ同じです。

週足の環境認識

次は週足です。

Point-Aのラインを下抜けして、
週足の目線が下に切り替わりました。

月足でも書いたとおり
Point-Bの1.355のラインを抜けるかどうかが
ポイントになっています。

今、
1.355ラインを実体で下抜けしていますが、
先週の高値と安値の間でレンジになっているため、
どちらかを抜けないと手が出せない状態です。

日足の環境認識

次は日足です。

日足は下降トレンドです。

見てのとおりです。
上下にヒゲの連発で、
上がることも下がることもできません。

やや下がってきましたが、
Point-Cを下抜けするか、
Point-Bを上抜け確定するまでは
トレードしません。


4時間足の環境認識

次は4H足です。

一気に下がったあと、
レンジになっています。

綺麗なレンジでもないですから、
レンジを抜けるまではノートレードです。

<ショートプラン>

もみ合っているレンジの下限で、
日足で引いた以前のサポPoint-Cを下抜け、
このポイントをレジ反発で下降すれば
ショートを狙います。

反発のイメージや反発確認の方法については
昨日のメルマガに書いたとおりです。

<ロングプラン>

日足、4時間足がこれだけ下落していれば、
通常、ロングは見送りですが、
月足、週足の買いポイントであることを背景に、
レジサポ転換するような形状になれば、
ロングを検討しても良いです。

4時間足の戻り高値と認識されるPoint-D
を上抜け、一旦戻りPoint-E近辺を
サポ反発したらロングを狙います。

ロングプラン、ショートプラン、
どちらも先週と全く同じです。




今日は以上です。

読んでいただき
ありがとうございました。




メールマガジンを始めました。

日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


将来的には勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。