Pocket

毎週日曜日の「環境認識のまとめ」です。

先週と同様に
次の5通貨ペアの状況を整理してみます。

ドル円(USDJPY)
ユーロドル(EURUSD)
ユーロ円(EURJPY)
ポンド円(GBPJPY)
ポンドドル(GBPUSD)

前回同様、表形式で纏めてみました。

環境評価は次の7段階
A+、A、A-
B+、B、B-
C



A=トレード可能(利を伸ばす)
B=トレード可能(利は伸ばさない)
C=ノートレード

と評価しています。

そして、
B以上の通貨ペアについてはトレードプランも
書きました。



トレードプランの内容については、
表の下に書いています。

 

通貨ペア 環境評価 環境認識
ドル円
USDJPY
B
月足:下方向
週足:下方向
日足:上方向
4H:下方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
USDJPY-2018-05-27_4HL01 Point-Cで押し目買い

USDJPY-2018-05-27_4HS01 Point-Aで戻り売り
USDJPY-2018-05-27_4HS02 Point-Bで戻り売り
USDJPY-2018-05-27_4HS03 Point-Cを下抜け後の戻り売り

ユーロドル
EURUSD
B
月足:上方向(サポの上)
週足:上方向(サポの上)
日足:下方向(サポ近辺)
4H:下方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
EURUSD-2018-05-27_4HS01 Point-Aで戻り売り
EURUSD-2018-05-27_4HS02 Point-Bで戻り売り(Point-Cに注意)
EURUSD-2018-05-27_4HS03 Point-Cを下抜け後の戻り売り

ユーロ円
EURJPY
B

月足:上方向
週足:下方向
日足:下方向
4H:下方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
EURJPY-2018-05-27_4HS01 Point-Aで戻り売り
EURJPY-2018-05-27_4HS02 Point-Bで戻り売り

ポンド円
GBPJPY
B
月足:上方向
週足:上方向
日足:下方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
GBPJPY-2018-05-27_4HS01 Point-Aで戻り売り
GBPJPY-2018-05-27_4HS02 Point-Bで戻り売り
GBPJPY-2018-05-27_4HS03 Point-Cを下抜け後の戻り売り

ポンドドル
GBPUSD
B
月足:上方向
週足:上方向
日足:下方向
4H:下方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
GBPUSD-2018-05-27_4HS01 Point-Aを下抜け後の戻り売り
GBPUSD-2018-05-27_4HS02 Point-Bで戻り売り
GBPUSD-2018-05-27_4HS03 Point-Cで戻り売り


では、
評価B以上の通貨ペアについてのトレードプランをチャートを使って説明します。

先週までボンドドルやユーロ円の動きが硬直していましたが、
今週は動きで出てきました。
5通貨ペアともトレードでできそうです。

ドル円

まずはドル円です。

ドル円:4時間足のトレードプラン

日足の目線は上ですが、
4時間足は下になっています。

日足レベルで確認できる
2017年10月から12月までの
ダブルトップ、トリプルトップのネック
まで達してますから、ここから一旦下降の波を
作っても不思議ではありません。

波の定義によっては
Point-Cは日足レベルの押し安値ですから、
ここで上方向の反発が確認できれば、
日足トレーダーの押し目買いに
乗ってロングが狙えます。

ショートについては、
4時間足レベルの戻り売りポイントである、
Point-A
Point-B
と、
Point-Cを下抜け後のレジ反発で
ショートを狙います。

ユーロドル

次はユーロドルです。

ユーロドル:4時間足のトレードプラン

ユーロドルも基本は戻り売りです。

Point-Aで戻り売り、
または
Point-Bで戻り売り
を狙います。

ただし、Point-Bから
戻り売りを狙う場合、
Point-Cのラインの存在に注意です。

Point-Cは月足レベルのラインです。
ただ、直近の動きではサポ確認ができていないため
どれだけ意識されるか不明です。
また位置も数十pipsズレている可能性もあります。

3つめのプランは
Point-Cのラインが意識されている
ことが確認できたら、
そのラインを下抜け後に、
レジ確認してショートを狙います。



ユーロ円、ポンド円、ポンドドルについては
説明を省略します。

4時間足チャートにプランを描いておきます。

ユーロ円

ポンド円

ポンドドル

今回のまとめは以上です。

読んでいただき
ありがとうございました。




メールマガジンを始めました。

日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


将来的には勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。