Pocket

今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2012年7月頃の《Point-A》から《Point-C》まで、
押し安値《Point-B》を経由して上昇トレンドでした。

その後《Point-C》から《Point-E》まで、
下降トレンド。
安値を更新した起点《Point-D》が戻り高値です。

《Point-E》から押し安値《Point-F》を経由して
現在まで上昇中です。

上昇中ですが、2018年の2月足から、
以前の押し安値である《Point-B》
=以前の戻り高値である《Point-D》
=136.08のラインをレジスタンスとして、
戻り売りが始まり、先日一つの目標である
124.06のライン近くまで一気に下がりました。

実際には124.06の50pips手前で反発しており、
124.06=2016年12月の高値
より、2017年6月の始値=124.53近辺が
流れの起点として意識されたかもしれません。

週足の環境認識

次は週足です。

週足は下降トレンドです。

2ヶ月ほど守ってきた
Point-Cのサポートラインを下抜けしたことで、
一気に下降の流れが強くなっています。

ただ、月足でも書いたとおり
上位足の買いポイントに達したことで、
一旦上の反発の動きが出ています。

日足の環境認識

次は日足です。

日足も下降トレンドです。

月足、週足でも書いたとおり、
一旦の目標に達した動きが出ています。

意識されたラインとして、
以前から引いていたPoint-Cの少し上に、
日足レベルの以前のレジサポラインを
引いておきます。=Point-D

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足も下降トレンドです。

上位足で書いたとおり、
月足レベルでも確認できる買いポイントまで
一気に下げて強く反発上昇しています。

下降の勢いが強かった分、
どこまで反発上昇するか分かりません。

強い下降の力と
強い上昇の力のぶつかり合っている状態です。

「山」「谷」が明確になく、
意識されるラインも認識することができません。

このような状態のときは
様子見が良いです。

<ショートプラン>

なし

<ロングプラン>

なし




今日は以上です。
ありがとうございました。




2018年5月からメールマガジンを始めました。

日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


将来的には勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。

6月下旬、7月上旬に無料勉強会を考えています。
近々メルマガでお知らせします^^。




↓お陰様で、為替・FX部門で 15位 です。
その後の順位は?クリックして確認してみてください(^^)



(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。