Pocket

今日はポンド円の環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2011年12月頃の《Point-A》から《Point-D》まで、
押し安値《Point-B》《Point-C》を経由して上昇トレンドでした。
《Point-B》《Point-C》が押し安値と認識されない人も
いるかもしれませんが、
一応、気になるポイントとしてラインを引いておきます。

その後《Point-D》から《Point-F》まで、
一気に下降です。
この下降においても「山」「谷」を作らずに
落ちていったので戻り高値を認識し辛いです。
が、小さいレンジを一気に下抜けした陰線の始値
《Point-E》にラインを引きます。

そして、現在《Point-F》から上方向の流れです。
《Point-E》を戻り高値と認識しても、
それを上抜けていないため、
定義上は月足レベルではまだ下降トレンドです。

ですので、直近は下降トレンド中の調整の上昇。
となりますが、5月足では月足レベルで確認可能な
主要なレジサポラインを実体で下抜けしています。

あと数時間で5月足が確定しますので、
下方向への圧力が強くなるでしょう。

そうなるとPoint-Dからの下落の戻り売りの
流れがと見る人が多くなります。

週足の環境認識

次は週足です。

週足で追加したラインはピンクです。

《Point-A》を押し安値と認識すると、
そのラインが下抜けされましたので、
定義上は下目線ですが、
下値支持線に支えられた上方向の流れとも
認識できていました。

ただ、その支持線を下に抜けて
大きなレジサポラインであるPoint-Bを
先週実体で下抜けしたため、
下方向に流れが強くなってきました。

ただ、今週足は下ヒゲを付けて
上に戻ってきており下からの反発も
受けている状態です。

日足の環境認識

次は、日足です。

日足は下降トレンドです。

Point-Bから戻り売りが入り一気に
下げたのち、
一昨日143.18近辺で反発上昇しました。

反発上昇の起点、
すなわち下落の一旦の目標となった
143.18が何の目標であったのか、
チャートの左側では分かりません。

Point-Eからの下落のN値
=フィボナッチエクスパンションの100%

Line-Aの延長線か、
相場が何に反応したかは明らかでは
ありませんが、
どちらも可能性はあります。
ポンド円やユーロ円はLine-Aのような
幾何学的なラインに反応することはよくあり、
N値での反応もよくあります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足の目線は下です。

目線は下ですが、
日足でも書いたとおり、
一旦の目標に達したような
反発上昇の動きも認識できるため、

安易な戻り売りはリスクがあります。

ですので、
ノートレードでも良いのですが、
トレードするならば、
反発確認を確実に行い、
利益確定は早めに行うトレードが良いです。

<ロングプラン>

当分ロングはなしです。

今週一気に反転上昇して
月足、週足で認識できる
Point-Aのラインを上抜けして
確定すればロングを考えます。

<ショートプラン>

明確な「山」「谷」がなく
戻り売りポイントが決め難い状態です。

また、
4時間足の目線は下ですが、
直近の動きを見ると下位足である
1時間足の目線は上になっているのが
分かります。

したがって、
より優位性の高いトレードプランは
黄色の丸印近辺まで下げ
1時間足の目線が下になったのち
少し上に戻して
Point-Dでレジ反発確認後のショートを
狙いいます。

そして利益確定は、
すぐ下のレジサポラインのPoint-Eとします。
それでも30pips前後は取れるプランになります。




今日は以上です。
ありがとうございました。




2018年5月からメールマガジンを始めました。

日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


将来的には勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。

6月下旬、7月上旬に無料勉強会を考えています。
近々メルマガでお知らせします^^。




↓お陰様で、為替・FX部門で 13位 です。



(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。