Pocket

今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

《Point-A》から《Point-B》への下落の後、
約7年の間、安値更新をしていないため
定義上は下降トレンドとは言えませんでしたが、
《Point-C》を起点とした下落でローソク足の実体ベースで
安値を更新して、下降トレンドが発生しました。
《Point-C》が戻り高値となりました。

さらに《Point-D》を起点として安値更新しましたので、
《Point-D》が戻り高値となりました。

ここ数ヶ月《Point-E》から調整の戻りが発生して上昇中で、
《Point-B》の実体安値ラインからの戻り売りポイント
に達して戻り売りと、《Point-E》からの上昇が
ぶつかり合っている状態でした。

5月に入って、4月の安値を下抜けしてから
一気に売り優勢になり、
大きめのサポレジラインである
1.355を下抜けしてさらに売り圧力が強くなり
5月足が確定しました。

週足の環境認識

次は週足です。

Point-Aのラインを下抜けして、
週足の目線が下に切り替わっています。

先週、
重要なラインである1.355を下抜けして
一気に下がりました。

次の目標はPoint-Cですが、
左側にはサポートとなりそうな
ポイントが幾つかあり
多少の抵抗は受けそうです。

日足の環境認識

次は日足です。

日足は下降トレンドです。

下降トレンド中ですが、
先日のポンド円と同じように
明確な「山」「谷」がなく
戻り売りポイントが決め難い状態です。


4時間足の環境認識

次は4H足です。

全体的には下降トレンドと言えますが、
ここ数日の波を小さく定義すれば、
目線が上に変わったようにも見えます。

また、安値更新のリズムも悪くなっています。

ただ、下降の流れが崩れたポイントが
誰でも認識することができる中長期の
ポイントではないため
ここから反転上昇するとも言えません。
(反転上昇するかもしれませんが)

このような環境では想定外の動きを
することが多いですから、
しばらく様子見でも良いです。

今週は他の通貨ペアも
全体的にそのような動きです。

怪しい動きのときにわざわざ
トレードをする必要はないでしょう。





継続して勝ち続けるコツは
「分かり難いときはトレードしない」

です。

<ロングプラン>

明確な上昇反転ポイントではないため、
少なくとも日足の目線が上になるまでは
見送りです。

<ショートプラン>

黄色の丸印の高値を作った起点の
Point-Dが押し安値と認識する人もいるでしょう。

そのポイントを下抜けすれば、
再度下目線に戻ります。

したがって、Point-Dを下抜け後に
このラインのレジ反発確認後に
ショートを狙います。




今日は以上です。
ありがとうございました。




2018年5月からメールマガジンを始めました。

日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


将来的には勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。

6月下旬、7月上旬に無料勉強会(無料コンサル)を考えています。
今週末メルマガでお知らせします^^。




↓お陰様で、為替・FX部門で 15位 です。



(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。