Pocket

毎週日曜日の「環境認識のまとめ」です。

先週と同様に
次の5通貨ペアの状況を整理してみます。

ドル円(USDJPY)
ユーロドル(EURUSD)
ユーロ円(EURJPY)
ポンド円(GBPJPY)
ポンドドル(GBPUSD)

前回同様、表形式で纏めてみました。

環境評価は次の7段階
A+、A、A-
B+、B、B-
C



A=トレード可能(利を伸ばす)
B=トレード可能(利は伸ばさない)
C=ノートレード

と評価しています。

そして、
B以上の通貨ペアについてはトレードプランも
書きました。



トレードプランの内容については、
表の下に書いています。

 

通貨ペア 環境評価 環境認識
ドル円
USDJPY
B
月足:下方向
週足:下方向
日足:下方向(上方向)
4H:下方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
USDJPY-2018-06-03_4HS01 Point-Cで戻り売り
USDJPY-2018-06-03_4HS02 Point-Bで戻り売り

USDJPY-2018-06-03_4HL01 Point-Cで押し目買い

ユーロドル
EURUSD
B
月足:上方向(サポの上)
週足:上方向(直近は下、サポの上)
日足:下方向(サポ近辺)
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
EURUSD-2018-06-03_4HL01 Point-Aで押し目買い
EURUSD-2018-06-03_4HL02 Point-Bで押し目買い
EURUSD-2018-06-03_4HL03 Point-Cで押し目買い

EURUSD-2018-06-03_4HS01 Point-Dで戻り売り

ユーロ円
EURJPY
B

月足:上方向
週足:下方向
日足:下方向
4H:下方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
EURJPY-2018-06-03_4HS01 Point-A、Bからの下落後1H足の目線切り替え後に戻り売り

ポンド円
GBPJPY
B
月足:上方向
週足:上方向(直近は下)
日足:下方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
GBPJPY-2018-06-03_4HL01 Point-Cで押し目買い
GBPJPY-2018-06-03_4HL02 Point-Bを上抜け後に押し目買い
GBPJPY-2018-06-03_4HL03 Point-Aを上抜け後に押し目買い

ポンドドル
GBPUSD
B-
月足:上方向
週足:上方向
日足:下方向
4H:下方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
なし


では、
評価B以上の通貨ペアについてのトレードプランをチャートを使って説明します。

ドル円

まずはドル円です。

日足の目線は上とも下とも判断できます。
4時間足も上と判断する人と、
下と判断する人がいるでしょう。


自分は、両方ともと認識しています。
※絶対的にそう思っているわけではなく、
一つの仮定の認識です。


だとすると、基本は戻り売りです。

ただし、1時間足の目線が上ですから、
安全にトレードするならば、
1時間足の目線が下になってからの方が
良いでしょう。

ドル円:4時間足のトレードプラン

4時間足レベルの戻り売りポイントである、
Point-C
のレジ反発でショートを狙います。
ただ、上に書いたとおり、
この時点では1時間足の目線が上のままですから、
Point-B(またはPoint-A)を下抜けしたあと
レジ反発でショートを狙います。

Point-Cを上抜けすれば
4時間足の目線が上に変わりますから、
上抜き後のPoint-Cのサポ反発で
ロングを狙います。

ユーロドル

次はユーロドルです。

ユーロドルについてはちょっと特殊です。

週足の重要ラインを実体で下抜けできず
大きなヒゲで戻ってきた背景を考慮したプランを
考えます。

ユーロドル:4時間足のトレードプラン

4時間足の目線が上になっている間は、
上に書いた週足のサポ反発の流れに乗ります。


Point-Aを上抜け後のサポ反発でロング
Point-Bを上抜け後のサポ反発でロング
Point-Cのサポ反発でロング

Point-C、Dを下抜けすると、
下方向の圧力が強くなりますから
ショートを狙います。

ユーロ円

次はユーロ円です。

ユーロ円は一気に下降したのち、
大きく反発上昇しています。


今のポイント、または1つ上のポイントが
週足レベルの戻り売りポイントですから、
基本戻り売り狙いですが、
下上の動きが急であるため、
上目線である1時間足がゆっくり波を作って
下目線になるのを待ってショートを狙います。

ユーロ円:4時間足のトレードプラン

Point-AまたはBで反発下落の流れを作り、
1時間足レベルで山谷の確認ができる
状態で目線が下になったことを確認してから
ショートを狙います。

ポンド円

次はポンド円です。

ポンド円は、
一旦、下値の目標達成と認識します。
したがって、
日足は下目線ですが、
日足の戻り売りが入るPoint-Aまでは
ロングを狙います。

ポンド円:4時間足のトレードプラン

Point-Cで押し目買い
Point-Bを上抜け後に押し目買い
Point-Aを上抜け後に押し目買い

Point-Aを上抜けすると上方向の
勢いが強くなることを想定して利を伸ばします。

今回のまとめは以上です。
ありがとうございました。




2018年5月からメールマガジンを始めました。

日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


将来的には勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。

6月30日、7月7日に無料勉強会を行います。
(昨日メルマガでお知らせしました^^)
これからメルマガに登録される方にも案内します。






↓好評です^^
エントリーの考え(裁量トレーダーの反発確認とは)