Pocket

今日の環境認識はドル円(USDJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2011年9月、10月に付けた安値75.4近辺《Point-A》から上昇して
2015年6月に2007年6月頃の高値(124.3)を
少し越えた125.40近辺《Point-B》まで戻しました。

《Point-A》から《Point-B》の上昇トレンドの
押しが2016年1月頃から入りましたが、
上昇トレンドの押し安値と認識されるポイント101.25《Point-C》
で下げ止まりました。
そこから押し目買いが入って再び上昇しましたが、
前回高値(《Point-B》2015年6月の125.40)まで届かず、
2017年1月の117.85近辺《Point-D》から反転下落しました。

以降、高値更新も安値更新もしないレンジ(三角持ち合い)状態です。

直近は小さいレンジ(白色四角)を下抜けして下降したあと、
《Point-C》の少し上にあるネックラインで反発され
また小さいレンジ(白色四角)に戻ってきました。

先月は小さいレンジの下限で下げ止まり、
今月は下限から上昇しています。
白いレンジボックスは3月から引いている四角ですが、
多少意識している人もいるようです。

週足の環境認識

次は週足です。

白の線は月足で引いたラインです。
大きな流れは高値切り下げ、安値切り上げの
トライアングルと見えます。

直近の動きは上方向ですが、
今のポイントからは、
どちらにも行けます。

日足の環境認識

次は日足です。

日曜の纏め記事に書いたとおり、
日足の目線は上か下か意見が分かれそうです。
(前回の押し安値を
水色の○か黄色の○と考えるかの違い)

そういうときはどちらも想定しておきますが、
自分は下方向と認識しました。
(水色の○から買いが入って高値を更新したと認識)

4時間足の環境認識

次は4時間足です。

4時間足の目線は下方向です。

これも若干意見が分かれるかもしれません。
その証拠に黄色のレクタングルと
水色のレクタングルの間で
1日もみ合っています。

下目線であれば、
Point-Cのレジ反発でショート

上目線であれば
Point-Bのサポ反発でロング

で良いと思います。

<ロングプラン>

現在、下目線であると考えれば、
ロングは目線が切り替わるPoint-Cを上抜け後
のサポ反発確認でエントリーです。

<ショートプラン>

下目線である前提で、
Point-Cのレジ反発でショートです。

または、
明日以降Point-Bを下抜け後の
Point-Bのレジ反発でショートを狙います。

現時点では、
1時間足の目線がまだ上ですから
後者のプランの方が安全です。

今回は以上です。

読んでいただき
ありがとうございました。




2018年5月からメールマガジンを始めました。

日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


将来的には勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。

6月30日、7月7日に無料勉強会を行います。
(数日前にメルマガでお知らせしました^^)
※6月30日は満席になりました。