Pocket

今日はユーロドル(EURUSD)の
環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2012年7月頃の《Point-A》から《Point-C》まで、
押し安値《Point-B》を経由して上昇トレンドでした。

その後《Point-C》から《Point-E》まで、
下降トレンド。
《Point-D》を「山」と認識するのはやや厳しいですが、
《Point-A》の実体を下抜けした重要な起点=戻り高値
と考えました。

《Point-E》まで下降した後は、
なかなか直近安値である《Point-E》を下抜けせず、
レンジを形成し、約2年後の2016年12月に
僅かに直近安値を下抜けしたので、
下降トレンドを継続しました。
そのときの戻り高値のポイントが《Point-F》です。

《Point-G》から現在まで上昇トレンド。
押し安値は《Point-H》です。

当面の目標だった以前の戻り高値である《Point-B》=1.2570。
に達して反発下落して1.2100のラインを下抜けして
下の段に落ちてきています。

そして下方向の一つの目標であるPoint-Hまで
下落して先月は下ヒゲを付けて下げ止まり、
今は、ほぼライン上にいます。

Point-Gからの上昇の波に対する
押し目買いが入るポイントでもありますが、
一気に下げてきたのでそう簡単に
V字上昇というわけにはいかないでしょう。

ただ、先月、重要なラインを下抜けできず
ヒゲで終わったとことで、
しばらくは上方向の圧力が強くなりそうです。

週足の環境認識

週足です。

Point-A近辺を押し安値と考えれば、
定義上は上昇トレンドです。

そして、月足と同様に週足でも
Point-Aを実体で下抜けできなかったため、
短期的な上昇の動きがあると考えられます。

日足の環境認識

次は日足です。

日足は下降トレンドです。

月足、週足に書いたとおり
重要なラインを下抜けできなかったために
短期足から上昇の流れを作りましたが、
Point-Cからの日足の戻り売りで、
少し下に戻されているところです。

こうなると、
Point-Cからの日足の売りと、
Point-Bからの4時間足、1時間足の買いの攻防
ということになります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足は買い目線です。

日足にも書いたとおり、
現在日足の売りと4時間足の買いの攻防中で、
4時間足チャートの
Point-AとPoint-Cに挟まれています。



トレードは決着が付いてからで良いです。

もし、攻防に参戦するのであれば
ラインに引きつけてエントリーして
利益確定は早めが良いでしょう。

具体的には、
Point-Aからショート、Point-Cの手前で利確。
または
Point-Cからロング、Point-Aの手間で利確。

です。

以下、
攻防の決着が付いてからのプランです。

<ロングプラン>

Point-Aを上抜け、
Point-Aのサポ反発でロングを狙います。

<ショートプラン>

Point-Cを下抜け、
Point-Cのレジ反発でショートを狙います。


今回は以上です。

読んでいただき
ありがとうございました。




2018年5月からメールマガジンを始めました。

日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


将来的には勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。

6月30日、7月7日に無料勉強会を行います。
(数日前にメルマガでお知らせしました^^)

※6月30日は満席になりました。





(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。