Pocket

今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2012年7月頃の《Point-A》から《Point-C》まで、
押し安値《Point-B》を経由して上昇トレンドでした。

その後《Point-C》から《Point-E》まで、
下降トレンド。
安値を更新した起点《Point-D》が戻り高値です。

《Point-E》から押し安値《Point-F》を経由して
現在まで上昇中です。

上昇中ですが、2018年の2月足から、
以前の押し安値である《Point-B》
=以前の戻り高値である《Point-D》
=136.08のラインをレジスタンスとして、
戻り売りが始まり、先日一つの目標である
124.06のライン近くまで一気に下がりました。

実際には124.06の50pips手前で反発しており、
124.06=2016年12月の高値
より、2017年6月の始値=124.53近辺が
流れの起点として意識されたかもしれません。

今は、124.06の手前で大きく反発して上昇しています。

週足の環境認識

次は週足です。

週足は定義上は下降トレンドです。

ですが、
月足でも書いたとおり
上位足の買いポイントに達したことで、
大きく反発上昇しています。

日足の環境認識

次は日足です。

日足も定義上は下降トレンドです。

月足、週足でも書いたとおり、
目標に達した動きが出ています。

重要なレジラインで、
日足レベルの戻り売りポイントだった
Point-Bラインもあっさり上抜き
次の目標はPoint-A近辺でしょうか。

または、
日足の最後の砦のPoint-Cまで
行くかもしれません。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足は波の定義が難しいですが、
主要な売り場である黄色の四角エリアを
上抜けしているので目線が上と考えます。

したがって、
日足は下目線、4時間足は上目線です。
通常であれば、
日足の戻り売りポイントまで待って
そこで少なくとも1時間足の目線が
下になるのを待ってからショートするのが
無難ですが、
短期的な上昇の起点となったポイントが、
月足レベルの押し目買いポイントであるので、
4時間足レベルの押し目買いポイントまで
落ちてくるのを待ってから
ロングを狙うこともできると考えます。

<ロングプラン>

Point-Aまで下がり、
そこのサポ反発でロングを狙います。

または、
前回の大きな売り場と認識されそうな
Point-Dまで下がってから、
そこでサポ反発を確認してロングします。

<ショートプラン>

ショートは日足の戻り売りポイントからです。
Point-C近辺で上げ止まり、
少なとも1時間足レベルの目線が下になったのを
確認してショートを検討します。

今回は以上です。

読んでいただき
ありがとうございました。




2018年5月からメールマガジンを始めました。

日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


将来的には勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。

6月30日、7月7日に無料勉強会を行います。
(数日前にメルマガでお知らせしました^^)

※6月30日は満席になりました。