Pocket

今日の環境認識はドル円(USDJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

2011年9月、10月に付けた安値75.4近辺《Point-A》から上昇して
2015年6月に2007年6月頃の高値(124.3)を
少し越えた125.40近辺《Point-B》まで戻しました。

《Point-A》から《Point-B》の上昇トレンドの
押しが2016年1月頃から入りましたが、
上昇トレンドの押し安値と認識されるポイント101.25《Point-C》
で下げ止まりました。
そこから押し目買いが入って再び上昇しましたが、
前回高値(《Point-B》2015年6月の125.40)まで届かず、
2017年1月の117.85近辺《Point-D》から反転下落しました。

以降、高値更新も安値更新もしないレンジ(三角持ち合い)状態です。

直近は小さいレンジ(白色四角)を下抜けして下降したあと、
《Point-C》の少し上にあるネックラインで反発され
また小さいレンジ(白色四角)に戻ってきました。

先月は小さいレンジの下限で下げ止まり、
今月は下限から上昇しています。
白いレンジボックスは3月から引いている四角ですが、
多少意識している人もいるようです。

月足を見る限り、
上にも下にも動きそうなチャートです。

週足の環境認識

次は週足です。

白の線は月足で引いたラインです。
大きな流れは高値切り下げ、安値切り上げの
トライアングルと見えます。

直近の動きは上方向ですが、
5月中下旬に
2017年11月、12月に形成したダブルトップの
ネックまで上昇して反発されているので、
そこまでは厳しいとみる人が多いと考えます。

日足の環境認識

次は日足です。

先週と同様、
そして、
日曜の纏め記事に書いたとおり、
日足の目線は上か下か意見が分かれそうです。
(前回の押し安値を
水色の○か黄色の○と考えるかの違い)

そういうときはどちらも想定しておきますが、

そもそも
高値も安値も更新できずに、
トライアングルを形成しつつあるように見えます。

週足トライアングルの中に
日足のトライアングルがあると認識できます。

こういうときは、
トライアングルを抜けてからの方が攻めやすいです。

4時間足の環境認識

次は4時間足です。

4時間足にもトライアングルが作れます。

こういう形状を「フラクタル構造」と言います。
マルチタイムフレーム分析していると、
よくあります。
日足のダブルトップの右側に4時間足のダブルトップがあるなど。。



こうなると、目線がどちらかとか、
あまり関係なくなってきます。

ちょうど、
トライアングルの上には
Point-Cと交差する部分があり、


トライアングルの下には、
Point-Bと交差する部分があります。


これらをそれぞれ上抜け、
下抜け後のトレードするのが無難です。


トライアングル内でトレードするので
あれば、
逆張り的に、Point-Cのレジ反発でショート。
(自分は先程ショートしました)


または、Point-Bのサポ反発でロングです。

以下、トライアングルブレーク後のプランになります。

<ロングプラン>

Point-Cを上抜け後のサポ反発でロングします。

<ショートプラン>

Point-Bを下抜け後のレジ反発でショートします。


今回は以上です。

読んでいただき
ありがとうございました。




2018年5月からメールマガジンを始めました。

メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。

7月中旬に無料Web勉強会を計画しています。
詳細は後日メルマガで案内いたします。
みなさん!スカイプIDの準備を!





有料コンサルの案内ページができました。
短期間にFX勝ち組を目指すのであればこちら。





(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。