Pocket

今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

《Point-A》から《Point-B》への下落の後、
約7年の間、安値更新をしていないため
定義上は下降トレンドとは言えませんでしたが、
《Point-C》を起点とした下落でローソク足の実体ベースで
安値を更新して、下降トレンドが発生しました。
《Point-C》が戻り高値となりました。

さらに《Point-D》を起点として安値更新しましたので、
《Point-D》が戻り高値となりました。

ここ数ヶ月《Point-E》から調整の戻りが発生して上昇中で、
《Point-B》の実体安値ラインからの戻り売りポイント
に達して戻り売りと、《Point-E》からの上昇が
ぶつかり合っている状態でした。

5月に入って、4月の安値を下抜けしてから
一気に売り優勢になり、
大きめのサポレジラインである
1.355を下抜けしてさらに売り圧力が強くなり
5月足が確定しました。

6月は一旦上昇となり陽線を作っていましたが、
指標の影響もあり、上ヒゲを作り下がってきました。

月足を見る限り
直近の動きは下方向です。

週足の環境認識

次は週足です。

ここ数週間は週足レベルで認識できる
ちょっと強めのレジサポライン
(Point-Bライン)に反応して、
上昇していましたが、今週は陰線を作り
再びPoint-Bのラインまで戻ってきました。

今日は週末ですから、あと数時間で
週足が確定します。
このPoint-Bのラインをローソクの実体で
下抜けると、
一気にPoint-Cまで下がる可能性も出てきます。

日足の環境認識

次は日足です。

日足は下降トレンドです。

週足レベルで認識できるレジサポラインである
Point-Aに反応して上昇してきましたが、
日足の戻り売り候補の一つである
Point-Cに反応して下落して上昇分をすべて
取り消した状態になっています。

ここが勝負どころです。

Point-Dをサポとしたダブルボトムが
トレーダー達に認識されはじめると、
買いの圧力が強くなってきそうです。

売り手としては、Point-Aをしっかり
レジ化してPoint-Dを下抜けしたいところです。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足は下降トレンドです。

日足以上はそこそこ綺麗なチャートですが、
4時間足チャートは
あまり綺麗なチャートとは言えません。


こういうときは、
日足以上のサポレジをベースとした
プランを考えます。

<ロングプラン>

Point-Bを上抜けたらロングを検討します。

<ショートプラン>

Point-Aをレジ反発する動きがでれば、
ショートします。

目標はPoint-Dです。

ただし、Point-Dからの買いの圧力が
強そうなので、無理にトレードする必要もないです。


そして、
Point-Dを下抜け後の、
Point-Dのレジ反発後に再びショートを狙います。


今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。




有料コンサルの案内ページができました。
短期間にFX勝ち組を目指すのであればこちら。





(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。