Pocket

毎週日曜日の「環境認識のまとめ」です。

先週と同様に
次の5通貨ペアの状況を整理してみます。

ドル円(USDJPY)
ユーロドル(EURUSD)
ユーロ円(EURJPY)
ポンド円(GBPJPY)
ポンドドル(GBPUSD)

前回同様、表形式で纏めてみました。

環境評価は次の7段階
A+、A、A-
B+、B、B-
C



A=トレード可能(利を伸ばす)
B=トレード可能(利は伸ばさない)
C=ノートレード

と評価しています。

そして、
B以上の通貨ペアについてはトレードプランも
書きました。



トレードプランの内容については、
表の下に書いています。

 

通貨ペア 環境評価 環境認識
ドル円
USDJPY
B
月足:下方向
週足:下方向
日足:下方向(上方向)
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
USDJPY-2018-06-17_4HL01 Point-Aを大きく上抜け後の押し目買い

ユーロドル
EURUSD
B
月足:上方向(サポの上)
週足:上方向(サポの上、直近は下)
日足:下方向(サポ近辺)
4H:下方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
EURUSD-2018-06-17_4HS01 Point-Aを大きく下抜け後の戻り売り

EURUSD-2018-06-17_4HS02 Point-B or Cのレジ反発で戻り売り

ユーロ円
EURJPY
B

月足:上方向
週足:下方向
日足:下方向
4H:上方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
EURJPY-2018-06-17_4HS01 Point-Bを大きく下抜け後の戻り売り

EURJPY-2018-06-17_4HS02 Point-Aのレジ反発確認後に戻り売り

ポンド円
GBPJPY
B
月足:上方向
週足:上方向(直近は下)
日足:下方向
4H:上方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
GBPJPY-2018-06-17_4HS01 Point-Cで戻り売り
GBPJPY-2018-06-17_4HS02 Point-Dを下抜け後に戻り売り

ポンドドル
GBPUSD
B
月足:下方向
週足:上方向
日足:下方向
4H:下方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
GBPUSD-2018-06-17_4HS01 Point-Dを下抜け後に戻り売り
GBPUSD-2018-06-17_4HS02 Point-Aのレジ反発で戻り売り


では、
評価B以上の通貨ペアについてのトレードプランをチャートを使って説明します。

ドル円

まずはドル円です。

日足の目線は上とも下とも判断できます。
4時間足は数日前に上目線になりました。

各時間足の目線が再び上に揃い初めています。
ただ、直ぐ上には週足レベルのレジがあり
高値更新のリズムも悪くなっています。


ドル円:4時間足のトレードプラン

目線が上方向に揃ってきましたので、
基本の戦略はロングです。

ただ上に書いたとおり、
週足レベルのレジが直ぐ上にしますから、
レジを超えるまでは様子見です。

そのライン(Point-A)を超えてからの
ロングになります。

ユーロドル

次はユーロドルです。

ユーロドルは、
日足の目線が下、4時間足も下です。

したがって、
基本戦略はショートです。

ただし、
現在、月足レベルのサポートライン上にいて、
どちらに行くか決着がついていません。
4時間足チャートの白いライン(月足のサポ)
は大きく下抜けしていますが、
その下には日足のサポもあるので、
このレンジ全体は月足レベルのサポと見た方が良いです。

ユーロドル:4時間足のトレードプラン

上に書いたとおり
このレンジを大きく下抜けしたのち、
Point-Aのレジ反発を確認してからショートを狙います。

または、
このレンジの中で細かく取るのであれば、
Point-BやCのレジ反発でショートして、
Point-Aの手前で利確します。

ユーロ円

次はユーロ円です。

日足の目線は下、
4時間足は上です。

ユーロ円:4時間足のトレードプラン

目線が揃うのを待つならば、
Point-Bを下抜けすることが条件になります。
そのあとPoint-Bのレジ反発が確認できれば
ショートを狙います。

また、下からの圧力も強いため、
Point-Bを再度試す前に、
一度Point-Aまで戻す可能性もあります。
Point-Aまで戻して、そこでレジ反発が確認できれば
ショートします。

ポンド円

次はポンド円です。

日足の目線は下、
4時間足の目線は上。
ユーロ円と同じような状況です。

ですので、
ある程度決着が付いてから
トレードするか、

敢えて決着前に、
分がある方にサポレジを上手く利用して
トレードするかのどちらかです。

ポンド円:4時間足のトレードプラン

決着が付いてからトレードするならば、
Point-Dを大きく下抜いてから、
このラインのレジ反発でショートです。

決着前でしたら、
月足レベルのラインであるPoint-Cの
レジ反発確認後にショートを狙いいます。


ポンドドル

次はポンドドルです。

ポンドドルは、
ユーロドルとほぼ同じ考え方です。

日足の目線が下、4時間足も下です。

したがって、
基本戦略はショートです。

ただし、
現在、週足レベルのサポートライン上にいて、
どちらに行くか決着がついていません。
4時間足チャートのピンクライン(週足のサポ)
は大きく下抜けしていますが、
その下には日足のサポもあるので、
このレンジ全体は週足レベルのサポと見た方が良いです。

ポンドドル:4時間足のトレードプラン

上に書いたとおり
このレンジを大きく下抜けしたのち、
Point-Dのレジ反発を確認してからショートを狙います。

または、
このレンジの中で細かく取るのであれば、
Point-Aのレジ反発でショートして、
Point-Dの手前で利確します。

今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。




有料コンサルの案内ページができました。
短期間にFX勝ち組を目指すのであればこちら。





(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。