Pocket

今日はユーロドル(EURUSD)の
環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

※先日のドル円の記事に書いたとおり、
月足の環境認識は、
直近の動きに影響があるポイントのみの
記述だけにしています。

まず月足です。

2月頃から、
以前の戻り高値と認識されるPoint-Bと、
Point-Cを通るトレンドラインの交差するポイント
から下落した流れも、
重要なサポートライン
=Point-Gからの上昇の流れの押し目買いポイントで
あるPoint-Hで止められています。

週足の環境認識

週足です。

Point-A近辺を押し安値と考えれば、
今、まさに下目線になるかどうかの攻防中です。

今が一番難しい局面だと思います。

日足の環境認識

次は日足です。

日足は下降トレンドです。

5月下旬に、
重要なラインを下抜けできなかったために
(水色の丸印)
短期的な上昇の流れを作りましたが、
Point-Cからの日足の戻り売りと、
指標の影響で一気に下げてきました。

ただ、
直近の安値を更新することができず
ダブルボトムを作り、
再び上昇の流れを作っています。

その上昇の流れも
Point-Cの下のネックで反発され下落しています。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足は上目線です。

上目線ですが、
下からは日足で認識できるダブルボトムからの
買い圧力、
上からはネックラインからの売り圧力で、
挟まれています。

安全にトレードするならば、
このレンジ(日足チャートのPoint-CからPoint-D)を
抜けるまで見送りで良いです。

月足レベルのサポレジラインのライン上です。
そこでもみ合っている状態ですから、
無理にトレードする必要はありません。

※自分の監視する他の通貨ペアも
似たような相場になっています。
こういうときは、
過去チャートの検証でもした方が良いですね。



敢えてトレードするなら、
4時間足と1時間足の目線が揃い、
主要なレジサポ反発でのトレードになります。
また目標は直近のサポレジとします。

以下、敢えてトレードする場合のプランです。

<ロングプラン>

Point-Bのサポ反発でロング。
(目標はPoint-C)
または、
Point-C、Dを上抜け後のサポ反発でロング。
(目標はPoint-F)

<ショートプラン>

Point-Eを下抜け後のレジ確認で
ショートを狙います。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。

直近の勉強会の予定は以下のとおりです。
2018/06/30(土) 無料対面勉強会 2名 予約完了
2018/07/07(土) 無料対面勉強会 2名 予約完了
2018/07/21(土) 無料Web勉強会 昼の部、夜の部、合計14名 予約完了




有料コンサルの案内ページができました。
短期間にFX勝ち組を目指すのであればこちら。
新コースを追加しました!