Pocket

今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

大きな下降トレンドの流れの中で、
《Point-E》から調整の戻りで上昇していましたが、
《Point-B》の実体安値ラインからの戻り売りポイント
に達して戻り売りが始まりました。

多少もみ合ってましたが、
5月に入り4月の安値を下抜けしてから
一気に売り優勢になり、
大きめのサポレジラインである
1.355を下抜けしてさらに売り圧力が強くなっています。

週足の環境認識

次は週足です。

月足に書いたとおり、
今週は一気に下がりましたが、
当面の目標だった
Point-Cに達しています。

そして、そこで反発上昇しています。

日足の環境認識

次は日足です。

日足は下降トレンドです。

週足レベルで認識できるレジサポラインである
Point-Aを下抜けすると一気に下降して
Point-Eの手前まで下がり、その後反転上昇していましたが、
Point-Aで戻り売りが入ってPoint-Eまで下がりました。

今は、Point-E達成後の反転上昇中になっています。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

波の定義が小さければ4時間足の目線は上になっています。

週足で認識できる強めのサポートに達したため、
反転上昇の流れを短期足からつくり、
中期足まで影響を与える可能性もあります。

と先週書いたとおり、
短期足から上昇の流れを作り、波の定義が短ければ
4時間足の目線が上に変わりました。

このまま上方向に進むかもしれませんが、
そのためには主要なレジと日足の戻り売りポイントを
順番に上抜けしていかないといけません。

<ロングプラン>

Point-Dを上抜けましたので、
Point-Dのサポ反発でロングを考えます。

または、

Point-Aを上抜け後の、サポ反発でロングを狙います。

<ショートプラン>

Point-E、またはPoint-Fを下抜け、
そこをレジ反発した場合、
ショートを考えます。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。

直近の勉強会の予定は以下のとおりです。
2018/06/30(土) 無料対面勉強会 2名 無事終了です。^^
2018/07/07(土) 無料対面勉強会 2名 予約完了
2018/07/21(土) 無料Web勉強会 昼の部、夜の部、合計14名 予約完了




短期間にFX勝ち組を目指すのであればこちら。