Pocket

毎週日曜日の「環境認識のまとめ」です。

先週と同様に
次の5通貨ペアの状況を整理してみます。

ドル円(USDJPY)
ユーロドル(EURUSD)
ユーロ円(EURJPY)
ポンド円(GBPJPY)
ポンドドル(GBPUSD)

前回同様、表形式で纏めてみました。

環境評価は次の7段階
A+、A、A-
B+、B、B-
C



A=トレード可能(利を伸ばす)
B=トレード可能(利は伸ばさない)
C=ノートレード

と評価しています。

そして、
B以上の通貨ペアについてはトレードプランも
書きました。



トレードプランの内容については、
表の下に書いています。

 

通貨ペア 環境評価 環境認識
ドル円
USDJPY
B-
月足:下方向(レンジ)
週足:下方向(直近は上)
日足:下方向 or 上方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
4HL01 Point-Aを上抜け後のサポ反発で押し目買い
4HS01 Point-Bの下抜け後に戻り売り

ユーロドル
EURUSD
B
月足:上方向(サポの上)
週足:上方向(サポの上、直近は下)
日足:下方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
4HL01 Point-Bのサポ反発で押し目買い

4HS01 なし

ユーロ円
EURJPY
B

月足:上方向
週足:下方向
日足:下方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
4HL01 Point-Bのサポ確認後の押し目買い
4HL02 Point-Aを上抜け後の押し目買い

4HS01 Point-Dを下抜け後のレジ反発で戻り売り

ポンド円
GBPJPY
B
月足:上方向
週足:下方向
日足:下方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
4HL01 Point-Bでサポ反発後、押し目買い
4HL02 Point-Dを上抜け後のサポ反発で押し目買い

4HS01 Point-Aを下抜け後のレジ反発で戻り売り

ポンドドル
GBPUSD
B
月足:下方向
週足:上方向
日足:下方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
4HL01 Point-Dのサポ反発で押し目買い
4HL02 Point-Aを上抜け後のサポ反発で押し目買い

4HS01 Point-Eを下抜け後のレジ反発で戻り売り


では、
評価B以上の通貨ペアについてのトレードプランをチャートを使って説明します。

ドル円

まずはドル円です。

ドル円は4Hはトライアングル状態から
上抜けした感じですが、
次は、
週足レベルのレジを上抜けできるかどうかが
大きなポイントです。

上抜けすれば、ロングを狙います。
やっぱり上抜けできない。
という形状になったらショートを考えます。

大きな動きがないため、
先週と同じ戦略です。

ドル円:4時間足のトレードプラン

上に書いたとおりの戦略です。

Point-Aを上抜け後にサポ反発でロング、

Point-Bを下抜け後のレジ反発でショートを狙います。

ユーロドル

次はユーロドルです。

ユーロドルは、
日足の目線が下です。
一方、
4時間足、1時間足が上です。

先週同様、
何もないポイントであれば、
4時間足の目線が下になるまで待ち、
ショートを狙いますが、

日足のトリプルボトムを作ったポイントが
週足でも認識できる
押し目買いのポイントであるため、
4時間足の上目線についていきます。

したがって、
基本戦略はロングです。

ユーロドル:4時間足のトレードプラン

上に書いたとおり、
押し目買いが基本戦略です。
ただ、ゆっくり足場を固めてから上昇している
ように見えますから、押しは深いと想定します。

Point-Bのサポ反発でロングです。

ショートはかなり下のPoint-A近辺を下抜け、
1H足の目線が下になってから検討します。

ユーロ円

次はユーロ円です。

ユーロ円も大きな動きがないため
先週と記述内容は同じです。

日足の目線は下、
4時間足は上です。

週足チャートを見るとPoint-Aを
7週連続で、ローソク足の実体で下抜けできず、
数週間前は大きな下ヒゲを作っています。

したがって、
日足の目線は下ですが、
週足レベルのサポ近辺からの
買い圧力が強く、
日足レベルの戻り売りが失敗しいているように見ている
トレーダー達も多いでしょう。

それらを含め幾つかの理由で昨日急上昇しました。

ここからさらに上昇するためには、
一つ一つ、レジを突破していく必要があります。

ユーロ円:4時間足のトレードプラン

Point-Bサポ反発確認でロングを狙います。

その後、
Point-Aを上抜け後のサポ反発確認でロングを狙います。

Point-Dを下抜けした場合、ショートを検討します。

ポンド円

次はポンド円です。

ポンド円も大きな動きがないため
先週と記述内容はほぼ同じです。

日足の目線は下、
4時間足、1時間足の目線は上です。

日足の戻り売りが失敗して、
ダブルボトムを作ろうとしていますから、
日足の下目線に対抗して
4時間足、1時間足の上目線で勝負するのもありです。

ポンド円:4時間足のトレードプラン



Point-Bまで下がり、サポ反発でロングします。
または、
Point-Dを上抜けして、そこのサポ反発確認後に
ロングします。

4時間足の目線が下に変わる
Point-A近辺を下抜けしてレジ反発確認ができれば
ショートを狙います。

ポンドドル

次はポンドドルです。

日足の目線は下ですが、
4時間足の目線は上になっています。

また、この流れの起点は
週足レベルの買いポイントです。

したがって、
日足の下方向の流れに付いていくプラン

週足の買い圧力に反応して上方向の流れに
乗るプランを考えます。

ポンドドル:4時間足のトレードプラン

再度Point-Dまで下がってきた場合、
サポ反発でロングを狙います。

または、
Point-Aを上抜けした場合、Point-Aのサポ反発で
ロングを狙います。



逆に、Point-Eを下抜けしてレジ反発確認できれば
ショートします。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。

直近の勉強会の予定は以下のとおりです。
2018/06/30(土) 無料対面勉強会 2名 無事終了です。^^
2018/07/07(土) 無料対面勉強会 2名 無事終了です。^^
2018/07/21(土) 無料Web勉強会 昼の部、夜の部、合計14名 予約完了




短期間にFX勝ち組を目指すのであればこちら。





(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。