Pocket

毎週日曜日の「環境認識のまとめ」です。

先週と同様に
次の5通貨ペアの状況を整理してみます。

ドル円(USDJPY)
ユーロドル(EURUSD)
ユーロ円(EURJPY)
ポンド円(GBPJPY)
ポンドドル(GBPUSD)

前回同様、表形式で纏めてみました。

環境評価は次の7段階
A+、A、A-
B+、B、B-
C



A=トレード可能(利を伸ばす)
B=トレード可能(利は伸ばさない)
C=ノートレード

と評価しています。

トレードプランの内容については、
表の下に書いています。

 

通貨ペア 環境評価 環境認識
ドル円
USDJPY
B-
月足:下方向(レンジ)
週足:下方向(直近は上)
日足:上方向
4H:上方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
4HL01 Point-Aのサポ反発で押し目買い
4HL02 Point-Bのサポ反発で押し目買い

ユーロドル
EURUSD
B-
月足:上方向(サポの上)
週足:上方向(サポの上、直近は下)
日足:下方向
4H:下方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
4HS01 Point-Eを下抜け後のレジ反発で戻り売り

4HL01 Point-Dを上抜け後のサポ反発で押し目買い

ユーロ円
EURJPY
B

月足:上方向
週足:下方向
日足:上方向
4H:上方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
4HL01 Point-Cのサポ確認後の押し目買い
4HL02 Point-Aを上抜け後の押し目買い

4HS01 Point-B達成後のPoint-Dを下抜け後のレジ反発で戻り売り

ポンド円
GBPJPY
B
月足:上方向
週足:下方向
日足:下方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
4HL01 Point-Bを上抜け後のサポ反発で押し目買い
4HL02 Point-C or Dでサポ反発後、押し目買い

4HS01 Point-Eを下抜け後のレジ反発で戻り売り

ポンドドル
GBPUSD
B
月足:下方向
週足:上方向
日足:上方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
4HL01 Point-Cを上抜け後のサポ反発で押し目買い
4HL02 Point-Bを上抜け後のサポ反発で押し目買い

4HS01 Point-Dを下抜け後のレジ反発で戻り売り


では、
評価B以上の通貨ペアについてのトレードプランをチャートを使って説明します。

ドル円

まずはドル円です。

ドル円は先週一気に上昇しました。
基本通り押し目買いを狙いいます。

ドル円:4時間足のトレードプラン

Point-Aのサポ反発でロング

または、
十分に押したの確認して、
Point-Bのサポ反発でロングです。

ショートは当分なしです。

ユーロドル

次はユーロドルです。

ユーロドルは、
日足、4時間足の目線が下です。

レンジ内のちょっとした下降です。
したがったノートレードでも良いですが、
利幅はそこそこありますから、
1時間足も使って細かくトレードするのも
有効かもしれません。

ユーロドル:4時間足のトレードプラン

今、1時間足の目線が上ですから、
1時間足の目線も下になりそうな
Point-Eを下抜け後のレジ反発でショートを狙いいます。

Point-Dを大きく上抜け後のサポ反発でロングを狙います。

ユーロ円

次はユーロ円です。

ユーロ円は日足の目線が上に変わりました。
戻り高値であるPoint-1のヒゲを
実体で上抜けしてませんので、
まだ目線は下であるという方もいるかもしれません。


日足の目線を下と認識したとしても、
直近の流れは上方向ですので、
基本は押し目買いで良いと考えます。

ユーロ円:4時間足のトレードプラン

Point-Cまで下がりサポ反発確認でロングを狙います。
または、
週足レベルのレジラインとなりそうな
Point-Aのラインを上抜けしてサポ確認できれば
ロングします。



Point-Aに達成して押しが入り、
Point-Dまで下抜けしてレジ反発が確認できれば
一旦下方向を狙います。

ポンド円

次はポンド円です。

ポンド円も少し動きがあり、
日足レベルのレジであったPoint-Cを上抜けしました。

ですので、日足の戻り売りポイントである
Point-Aまで押し目買いが狙える状況です。

ポンド円:4時間足のトレードプラン

このまま上昇して、
Point-Bを上抜け後のサポ反発でロングを狙います。
または、
Point-C or Dまで下がり、そこでサポ反発確認ができれば
ロングします。



Point-Cやチャネルの上限を上抜けできず、
下がり月足レベルの重要なラインPoint-E
を下抜けした場合、ショートを狙います。

ポンドドル

次はポンドドルです。

ポンドドルもポンド円と同様に
日足の目線が上になったと考える人と
下のままであると考える人がいそうです。

週足レベルのサポラインである
Point-Eに反応して、
Point-Dでサポサポを作りました。
と理由から、
上方向を狙える形になっています。

したがって基本戦略は押し目買いです。

ポンドドル:4時間足のトレードプラン

日足レベルのサポラインだった
Point-Cを再び強いサポートであることが
確認できればロングします。



または、このまま上昇して、
Point-Bを上抜けサポ反発確認ができれば
ロングします。



可能性は低いと考えますが、
Point-Dを下抜けレジ確認すればショートを考えます。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。

直近の勉強会の予定は以下のとおりです。
2018/06/30(土) 無料対面勉強会 2名 無事終了です。^^
2018/07/07(土) 無料対面勉強会 2名 無事終了です。^^
2018/07/21(土) 無料Web勉強会 昼の部、夜の部、合計14名 予約完了




短期間にFX勝ち組を目指すのであればこちら。