Pocket

今日は環境認識はポンドドル(GBPUSD)です。

月足の環境認識

まず月足です。

大きな下降トレンドの流れの中で、
《Point-E》から調整の戻りで上昇していましたが、
《Point-B》の実体安値ラインからの戻り売りポイント
に達して戻り売りが始まりました。

4月までは多少もみ合ってましたが、
5月に入り4月の安値を下抜けしてから
一気に売り優勢になり、
大きめのサポレジラインである
1.355を下抜けしてさらに売り圧力が強くなっています。

(先週と同じです)

週足の環境認識

次は週足です。

先週は週足のサポLine-Dを一旦下抜け
しましたが、ヒゲを作り上昇して
サポの上に上がってきました。

一旦は上昇しましたが、またLine-D近辺まで
下がってきました。

まずは
このLine-Dをサポとして再上昇できるか、
またはローソク足の実体が下抜けするかどうかが
ポイントになります。

日足の環境認識

次は日足です。

日足は下降トレンドです。

日足では、
週足レベルのサポLine-Eを実体で下抜け
していますから
日足では下抜けしたと判断している
トレーダーもいます。

その理由もありLine-Dから綺麗に戻り売りが
入っています。
この売りの流れが、
Line-Eを下抜くのか、それとも下げ止まるのか。
が今後のポイントです。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

週足は上目線です。

もう少し下落すると目線が下に切り替わります。
目線は下になりますが、すぐ下には
週足レベルのサポLine-Fがあります。

ショートはLine-Fを下抜いてからの方が
安全です。

<ロングプラン>

Line-D、またはLine-E、Fでサポ反発確認できれば
ロングを狙います。

流れが下なので反発確認は堅めです。

<ショートプラン>

Line-Fを下抜けしてレジ反発が確認できれば
ショートします。





今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。