Pocket

今日はユーロドル(EURUSD)の
環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2月頃から、
以前の戻り高値と認識されるPoint-Bと、
Point-Cを通るトレンドラインの交差するポイント
から下落した流れが、
重要なサポートライン
=Point-Gからの上昇の流れの押し目買いポイントで
あるPoint-H
で止められています。

上下どちらにでも行ける状態です。

(先週と同じ内容です)

週足の環境認識

週足です。

Point-A近辺を押し安値と考えれば、
今、まさに下目線になるかどうかの攻防中です。

Line-Bを実体で上抜けできれば
上方向に攻めやすくなります。

日足の環境認識

次は日足です。

日足は下降トレンドです。

5月下旬に、
重要なラインを下抜けできなかったために
(水色の丸印)
短期的な上昇の流れを作りましたが、
Point-Aからの日足の戻り売りと、
指標の影響で一気に下げてきました。

ただ、
直近の安値を更新することができず
ダブルボトムを作り、
再び上昇の流れを作りました。
その上昇の流れも
Point-Aの下のネックで反発下落、
そして上昇、そして下落と、
高値も更新できず、安値も更新できな状態が
続いています。

ただ少しずつ安値を切り上げてきましたので
上方向へのブレークもあるかもしれません。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

レンジ状態であるため
4時間足の目線は日替わりです。


日足に書いたとおり
少しずつ安値を切り上げてきていますので、
上にブレークする可能性があります。

<ロングプラン>

Line-Cを日足のローソク足が実体で上抜けしたあと、
Line-Cのサポ反発でロングを狙います。

<ショートプラン>

Line-E辺りを下抜けした場合、
ショートを考えます。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。




(↑別ウィンドウで開きます)

いつもクリック応援ありがとうございます。^^
励みになりますのでクリックをお願いいたします。