Pocket

今日はポンド円の環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

7月は重要なレジサポラインを上抜け、
6月の高値を一旦更新しましたが、
今月は重要なラインの下に戻って陰線になっています。

強かった上方向の流れが弱くなり、
今は下方向の流れを作ろうとしています。

週足の環境認識

次は週足です。

今週は重要なレジサポラインである
Line-Bをトライしに上昇しましたが、
タッチして反転下落、上ヒゲを付け下がっています。

今は、以前のサポLine-Cを下抜けするか。
という状況です。

あと1日ちょっとで週足が確定して、
そのときローソク足の実体が下抜けしていると
来週以降下方向への圧力が強くなります。

逆に下抜けできなければ、
また上方向へ進みます。

日足の環境認識

次は、日足です。

日足は定義上まだ下目線です。

目線は下ですが、
Point-Dを上抜けして高値を切り上げ、
安値も切り上げているため、
どこかでその流れの押し目買いが入る可能性もあります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足の目線は上です。

直近半日は一気に下がりましたが、
週足レベルのサポであるLine-Jを実体では下抜けできず
下ヒゲを作りました。

ここでもみ合い、
その後サポ反発形状を作ればロングが狙えます。

気が早い人(←哲)は既にロングしているかもしれません。
それもアリだと思います。

背景を考えた上で、
引き付けてエントリーすれば、
Stopも小さくなりRR比が1:10以上となり
優位性の高いトレードになります。
(一度二度、負けてもOK。という考え方もある。)

<ロングプラン>

Line-Jでサポ反発後にロングします。

<ショートプラン>

週足確定時に週足の実体がLine-Jを下抜けした
場合、ショートを考えます。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。