Pocket

毎週日曜日の「環境認識のまとめ」です。

先週と同様に
次の5通貨ペアの状況を整理してみます。

ドル円(USDJPY)
ユーロドル(EURUSD)
ユーロ円(EURJPY)
ポンド円(GBPJPY)
ポンドドル(GBPUSD)

前回同様、表形式で纏めてみました。

環境評価は次の7段階
A+、A、A-
B+、B、B-
C



A=トレード可能(利を伸ばす)
B=トレード可能(利は伸ばさない)
C=ノートレード

と評価しています。

トレードプランの内容については、
表の下に書いています。

 

通貨ペア 環境評価 環境認識
ドル円
USDJPY
B-
月足:下方向(レンジ)
週足:下方向(直近は上)
日足:上方向
4H:上方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
4HL01 Line-Eの上抜け後のサポ反発で押し目買い

4HS01 Line-Dの下抜け後のレジ反発で戻り売り

ユーロドル
EURUSD
C
月足:上方向(サポの上)
週足:上方向(サポの上、直近は下)
日足:下方向
4H:レンジ
1H:レンジ

<4時間足トレードプラン>
4HS01 Line-Fの下抜け後のレジ反発で戻り売り

ユーロ円
EURJPY
B

月足:上方向
週足:下方向
日足:上方向
4H:下方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
4HS01 Line-Fのレジ確認で戻り売り
4HS02 Line-Gを下抜け後のレジ確認で戻り売り

ポンド円
GBPJPY
B
月足:上方向
週足:下方向
日足:下方向
4H:下方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
4HS01 Line-Jのレジ反発で戻り売り
4HS02 Line-Aを下抜け後のレジ反発で戻り売り

ポンドドル
GBPUSD
B
月足:下方向
週足:下方向
日足:下方向
4H:下方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
4HS01 Line-Fのレジ反発で戻り売り
4HS02 Line-Gを下抜け後のレジ反発で戻り売り


では、
各通貨ペアについてのトレードプランをチャートを使って説明します。



月足チャート、週足チャートもチェックしていますが
説明が長くなるので省いています。


確認されたい方は、平日のブログをご確認ください。

月曜:ドル円
火曜:ユーロドル
水曜:ユーロ円
木曜:ポンド円
金曜:ポンドドル


ドル円

まずはドル円です。


上が日足チャート、下が4時間足チャートです。



ドル円は7月下旬に押し目買いが入り、
上昇しましが、
前回高値より下の日足チャートのLine-Bにも
届かず下落しています。

日足の目線は上ですが、
上昇の勢いは弱くなっています。

したがって、日足の目線が上の間は
基本戦略はロングですが、
慎重にエントリーして、
目標も安全に直近高値とした方が安全です。


しばらくノートレードでも良いです。



日足の目線が下になったら、
ショートを考えます。

ドル円:4時間足のトレードプラン

Line-Eを上抜け後のサポ反発でロングを狙います。


Line-Dを下抜けした場合にショートを考えます。

ユーロドル

次はユーロドルです。


上が日足チャート、下が4時間足チャートです。


ユーロドルは、
日足、4時間足の目線が下です。

日足レベルの戻り売りが失敗、
ただ週足レベルの押し目買いで高値を
更新することもなく、
レンジになっています。


日足の6月14日の大陰線の実体を
上抜けするか下抜けするのを待ってから
トレードを考えるのが安全と考えます。

(先週と同じ状況です)

ユーロドル:4時間足のトレードプラン

Line-AまたはLine-Bを大きく上抜け後の
サポ反発でロングを狙います。

または、
Line-Fを大きく下抜け後のレジ反発でショートします。




ユーロ円

次はユーロ円です。


上が日足チャート、下が4時間足チャートです。



日足の目線は定義上、上になってます。
それを意識されたのか7月下旬は
押し目買いが入りました。

ですが、直近高値を更新できず
下落し安値を更新してしまいました。

4時間足の流れは下になっており
日足の押し安値近辺まで下がってきていますので、
そこでの動きに注目してトレードをします。

ユーロ円:4時間足のトレードプラン

Line-Gを下抜け後のレジ確認でショートします。

Line-Fまで一旦戻してサポ反発確認できれば
ショートします。
その場合、目標はLine-Gになります。

ポンド円

次はポンド円です。


上が日足チャート、下が4時間足チャートです。


ポンド円もユーロ円と同じような動きです。
違いは日足の目線が定義上、下であることです。



今チャネル下限近くまで下がっていますので、
そこでの反応に注意です。

ポンド円:4時間足のトレードプラン

Line-Aを下抜けして、そこでレジ反発を確認してから
ショートを狙うのが安全です。


または、
Line-Jまで戻してレジ反発後に
ショートを狙います。
ただ、この場合、強めのサポが近くにありますから、
要注意です。

ポンドドル

次はポンドドルです。


上が日足チャート、下が4時間足チャートです。




ポンドドルの日足の目線は下です。

また、週足レベルのサポをローソク足の実体で
下抜けしましたので、

明日以降、売り圧力が強くなるかもしれません。
ですので、基本戦略はショートです。

ポンドドル:4時間足のトレードプラン

Line-Gを下抜け後のレジ反発が確認できれば
ショートします。

または、
Line-Fまで一旦戻して、そこでレジ反発すれば
ショートです。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。