Pocket

今日はポンド円の環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

7月は重要なレジサポラインを上抜け、
6月の高値を一旦更新しましたが、
ローソク足の実体はラインの下に潜ったままです。

そして、今月の足そのラインを起点にして
下落して陰線となってています。

週足の環境認識

次は週足です。

先週の足は重要なレジサポラインである
Line-Bをトライしに上昇しましたが、
タッチして反転下落、上ヒゲを陰線となり確定しました。
さらに、以前のサポLine-Cも実体で下抜けしたため
売り圧力が強くなる形状となりました。

そして、
今週もその流れで下落しています。
ただ
太陽線となった2017年9月10日の週足の
起点であるLine-D近辺は意識される可能性は高いです。

日足の環境認識

次は、日足です。

日足は定義上、下目線です。

直近の波は下目線ですし、
チャートの左側からも緩やかに下降の
流れを作っています。

ただ、週足に書いたとおり
今は、週足のサポ候補で反応して下げ止まっています。

一旦、短期足から上方向の流れを作っていく
可能性もあります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足の目線も下です。

ただ下には週足レベルのサポ候補があり
それを意識して短期足から上昇の流れを作るかも
しれませんので、安易なショートは危険です。

実際、今は1時間足の目線は上になっています。



トレード基準足が1時間足の方であれば、
週足のサポを後ろ盾にして、
まさに今、ロングの戦略を作っても良いと考えます。



4時間足トレーダーでしたら、
戻り売りポイントを待ってショート、

または、

週足のサポからの流れが強くなり、
4時間足の目線が上になるほど上昇すれば
ロングのプランを考えます。

<ショートプラン>

Line-Aまで上昇して、そのLine-Aがレジになるような
動きをしたらショートします。

<ロングプラン>

Line-Bを上抜けしたら4時間足の目線が上に
変わります。
大きく上抜けして押してLine-Bのサポ反発確認後に
ロングを狙います。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。