Pocket

今日の環境認識はドル円(USDJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

下からは、
Point-Cの少し上のネックからの買い圧力、
上は高値切り下げラインに押されて、
揉み合いの状態です。


上げ渋っていますが、
下がりたくもない状況でしょうか。

先週と変化なしです。

週足の環境認識

次は週足です。

白の線は月足で引いたラインです。

5週間前に大きな陽線を作り
上方向の流れができていましたが、
その後は2週でほぼ全戻し
今は、丁度5週前の陽線の起点と同じ水準です。

日足の環境認識

次は日足です。

日足の目線は上です。

気になっていたLine-Cは今朝のギャップダウンで
一気に下抜けしましたが、
目線の切り替えラインである
Line-Dはローソク足の実体では下抜けしていません。

4時間足の環境認識

次は4時間足です。

日足の目線はなんとか上をキープしており
4時間足の目線は下です。


トレード基準足が4時間足であれば、
基本戦略はショートです。
ただ、日足はまだ上目線ですから、
逆であってもその優位性が説明できる
状況でない限り
4時間足の目線が上になるのを待つ、
または日足の目線が下になるのを待ってから
トレードする方が安全です。


ただ、日足チャートを見て分かるとおり
日足の目線が定義上、上とは言え、
高値更新のリズムは崩れ、
直近の動きはむしろ下方向です。
分かり易い相場とは言えません。

当分ノートレードでも良いと考えます。

<ロングプラン>

Line-B、またはLin-Eが再びサポになればロングを狙います。

<ショートプラン>

Line-Dを下抜けすると、
日足の目線が下になりますから、
Line-D下抜け後のレジ反発でショートを考えます。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。