Pocket

今日はユーロドル(EURUSD)の
環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2月頃から、
以前の戻り高値と認識されるPoint-Bと、
Point-Cを通るトレンドラインの交差するポイント
から下落した流れが、
重要なサポートライン
=Point-Gからの上昇の流れの押し目買いポイントで
あるPoint-H
で数ヶ月止められていましたが、
今月一気に下落して、
月足で確認できるサポートに達して
反転上昇しています。

週足の環境認識

週足です。

月足に書いたとおり
2週間前に下落しましたが、
月足レベルのサポに反応して
上昇しています。



ただ、週足レベルの戻り売りポイントまで
上昇しました。
ここからの動きは要注意です。

日足の環境認識

次は日足です。

週足に書いたとおり、
月足のサポに反応して反転上昇してきましたが、
週足や日足レベルの戻り売りポイントに
近付いてきました。


ここから、
週足や日足レベルの戻り売り

月足レベルの押し目買い
の攻防が始まります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足の目線は上ですが、
日足の戻り売りポイントで反応して
少し下降しています。

日足に書いたとおり、
ここからは戻り売りと押し目買いの
攻防が始まりますので、
最初に戻り売りには乗っても良いかもしれませんが、
それ以降は
慎重にトレードをした方が良いです。

そして、
決着がつくまで、大きく狙うのは控えて、
サポレジに引きつけて、
30pips前後を確実に取るのが良いでしょう。

ノートレードでも良いと思います。

<ショートプラン>

Line-Fまで再度上昇してLine-Fでのレジ確認後に
ショートを狙います。

<ロングプラン>

Line-AとトレンドラインTLine-1の交差付近で
サポ確認後にロングを狙います。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。