Pocket

2018-08-26-summary

毎週日曜日の「環境認識のまとめ」です。

先週と同様に
次の5通貨ペアの状況を整理してみます。

ドル円(USDJPY)
ユーロドル(EURUSD)
ユーロ円(EURJPY)
ポンド円(GBPJPY)
ポンドドル(GBPUSD)

前回同様、表形式で纏めてみました。

環境評価は次の7段階
A+、A、A-
B+、B、B-
C



A=トレード可能(利を伸ばす)
B=トレード可能(利は伸ばさない)
C=ノートレード

と評価しています。

トレードプランの内容については、
表の下に書いています。

 

通貨ペア 環境評価 環境認識
ドル円
USDJPY
B-
月足:上方向
週足:下方向
日足:下方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
なし

ユーロドル
EURUSD
B
月足:下方向
週足:下方向(サポの上)
日足:下方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
4HS01 Line-Fの下抜け後のレジ反発で戻り売り
4HS02 Line-Aのレジ反発(強め確認)で戻り売り

4HL01 Line-Aの上抜け後のサポ反発で押し目買い

ユーロ円
EURJPY
B

月足:上方向
週足:下方向
日足:下方向
4H:上方向
1H:上方向

<4時間足トレードプラン>
4HL01 Line-Dの大きく上抜け後のサポ反発で押し目買い

4HS01 Line-Bの下抜け後のレジ反発で戻り売り

ポンド円
GBPJPY
B
月足:下方向
週足:下方向
日足:下方向
4H:下方向
1H:上向

<4時間足トレードプラン>
4HS01 Line-Bのレジ反発(強め)で戻り売り
4HS02 Line-Cの下抜け後のレジ反発で戻り売り

4HL01 Line-Bの上抜け後のサポ反発で押し目買い

ポンドドル
GBPUSD
B
月足:下方向(サポ候補近辺)
週足:下方向(サポ候補近辺)
日足:下方向
4H:上方向
1H:下方向

<4時間足トレードプラン>
4HL01 Line-C、またはLine-Fを上抜け後のサポ反発で押し目買い

4HS01 Line-Dを下抜け後のレジ反発で戻り売り


では、
各通貨ペアについてのトレードプランをチャートを使って説明します。



月足チャート、週足チャートもチェックしていますが
説明が長くなるので省いています。


確認されたい方は、平日のブログをご確認ください。

月曜:ドル円
火曜:ユーロドル
水曜:ユーロ円
木曜:ポンド円
金曜:ポンドドル


ドル円

まずはドル円です。


上が日足チャート、下が4時間足チャートです。




ドル円は7月下旬に押し目買いが入り、
上昇しましが、
前回高値より下の日足チャートのLine-Bにも
届かず下落しています。

日足の目線は定義上、下になりましたが、
先週後半は大きく上昇して、もう少し上昇すると
再度上目線に変わりそうです。

4時間足チャートのLine-Eを日足の実体が
上抜けすれば日足の目線も上に
変わりますので、その後Line-Eのサポ反発確認が
できればロングを狙えます。

ただ、日足チャートの形状が分かり難いため
当分ノートレードにします。

ドル円:4時間足のトレードプラン

なし

ユーロドル

次はユーロドルです。


上が日足チャート、下が4時間足チャートです。



ユーロドルは、
レンジを下抜けして一気に下落しましたが、
月足レベルのサポ候補や週足レベルのサポ候補に
達したため下げ止まり、V字上昇しました。

ここから再び戻り売りが入る可能性もありますし、
日足チャートのLine-C(=4時間足チャートのLine-A)
を上抜ける可能性もあります。
どちらにしろ、その流れに乗ってトレードします。

ユーロドル:4時間足のトレードプラン

Line-Fを下抜け後のレジ反発でショートを狙います。

Line-Aを上抜け出来ずダブルトップ、トリプルトップ
などの反転形状を形成したらショートします。

Line-Aを上抜けしてサポ化した場合、ロングします。

ユーロ円

次はユーロ円です。


上が日足チャート、下が4時間足チャートです。




ユーロ円はLine-Dまで下落した後にレンジになっていましたが、
レンジを上にブレークすると、
一気に上昇して上目線になっています。

4時間足チャートのLine-Dを上抜けして
日足の確定実体でも上抜けすれば、上方向に
進みやすくなります。

逆にLine-Bを下抜けすると、
4時間足の目線が下になり下降する可能性があります。

(Line-Aを下抜けした場合、ダウはまだ上ですが、
強めのサポを下抜けしたことにより
下方向に進む可能性があります)

ユーロ円:4時間足のトレードプラン

Line-Dを日足のローソク足実体で上抜け後の
サポ反発でロングを狙います。

ショートプランは、
Line-B(Line-A)を下抜け後のレジ反発でショートです。

ポンド円

次はポンド円です。


上が日足チャート、下が4時間足チャートです。


日足、4時間足、ともに目線は下です。
ですので基本戦略はショートです。

ただ、
4時間足チャートのLine-Bを上抜けた場合、
4時間足の目線が上に変わりますので、
日足の目線が下であっても、
週足サポから上昇してきた背景を重視してロングを狙います。

ポンド円:4時間足のトレードプラン

Line-Bを上抜けできず、レジ反発確認(強め)ができればショートします。
または、
Line-Cを下抜けしてレジ確認できればショートします。

Line-Bを上抜けしてサポ確認ができればロングします。

ポンドドル

次はポンドドルです。


上が日足チャート、下が4時間足チャートです。



ポンドドルは日足レベルの戻り売りで半値下げたあと、
押し目買いが入り半値上昇して先週終わっています。

この後レンジになる可能性が高くなってきましたので、
安全にトレードするならば、
レンジ抜けのLine-Dを下抜けするか、
Line-Fを上抜けするのを待ってから、
抜けた方向についていくのが良いです。

1時間足でトレードするならば、
Line-Gの下抜け後のレジ確認でショート、
または
Line-Aのサポ確認後にロングするもアリです。

ポンドドル:4時間足のトレードプラン

Line-Dを下抜けして、Line-Dのレジ確認ができたら
ショートを狙います。

Line-Fを上抜けして、Line-Fのサポ確認ができたら
ロングを狙います。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。