Pocket

今日はユーロドル(EURUSD)の
環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

2月頃から、
以前の戻り高値と認識されるPoint-Bと、
Point-Cを通るトレンドラインの交差するポイント
から下落した流れが、
重要なサポートライン
=Point-Gからの上昇の流れの押し目買いポイントで
あるPoint-H
で数ヶ月止められていましたが、
今月一気に下落しました。

その後、、
月足で確認できるサポートに達して
反転上昇して全戻しとなっています。

このまま、あと数日で月足が確定すると
来月は上方向への圧力が強くなりそうです。

週足の環境認識

週足です。

4週間前までの下落も月足レベルの押し目買いポイントに
反応して反転上昇しました。

ちょっと強めのラインであるLine-Bも上抜けて
上方向の流れが強いです。
ただ、この上には週足レベルのレジLine-Aがあります。
このラインを上抜けできれば一気に急上昇の可能性も
あります。
逆に上抜けできなければ、反転下落も有り得ます。

日足の環境認識

次は日足です。

日足の目線が上に変わっています。


ここまで上昇すると、
多少の押しはあるかもしれませんが
Line-Bまで達する可能性が大きいです。


週足にも書きましたが、
ポイントとなるのは、Line-Bに達したあとの動きです。
Line-Bを上抜けするのか、
それともそこで反発して反転下落するのか。
要注意です。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足の目線も上ですから、
基本戦略はロングです。


トレンドの強いので、
4時間足レベルのラインのレジサポ転換で
ロングを狙います。


ただ、Line-Aが上にあるため、
利確はLine-Aでするのが安全です。


また、Line-A到達後は、上抜けするか
反転下落するかをしっかり見極めます。

<ロングプラン>

Line-Cまで押しが入った場合、
そこでのサポ反発でロングします。


または、
Line-Aを大きく上抜けしたあと、
Line-Aのサポ反発確認後でロングします。

<ショートプラン>

Line-Aで反転下落して、
4時間足の目線が下になった場合、
その後のサポレジ転換でショートを狙います。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。