Pocket

今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

5月は月足で認識できるサポーとラインの124.06から
大きな下ヒゲを作り反発上昇していました。

6月は半値ほど戻し、
7月は陽線となり先月の高値を僅かに上抜けして確定したため
上方向の可能性もあると思いましたが、
5月の高値は上抜けできず、8月は一転大きく下落中です。


大きく下げましたが、
現在は、
再び
月足で認識できるサポートラインの124.06から
反転上昇して全戻しになろうとしています。

週足の環境認識

次は週足です。

週足は定義上は下降トレンドです。

Line-Bからの戻り売りが入るも
直近安値は更新できず、
Line-E近辺で反転上昇して今は主要なラインである
Line-Cも上抜けしています。

ここからLine-Bまで上昇するのか、
それともLine-Cまで下降してヒゲで終わるのかに
注目します。

日足の環境認識

次は日足です。



Line-A近辺でダブルボトムを作って急上昇した後
以前のレジラインであるLine-Eに少し反応しています。
日足の目線が上に変わっていますし、
素直にLine-E上抜け後に上方向、
またはLine-Dまで押した後に上方向に進むシナリオと
Line-Dを下抜けしたあとの下方向の
シナリオを考えておきます。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足の目線も上です。
4時間足トレーダーであれば
基本戦略はロング、押し目買い狙いです。

ただ、日足レベルの戻り売りポイントLine-Aに
近付いてきましたので、ここからはロングせず
Line-Aを上抜け後のロング、
またはLine-Bまで押したあとのサポ反発で
ロングを狙います。

もし、Line-Bの少し下のラインを下抜けすると、
週足レベルのサポを下抜けると同時に
4時間足の目線が下に変わりますので
ショートを狙います。

<ロングプラン>

Line-Aを上抜け後のサポ反発でロング、
または
Line-Bまで押してサポ反発確認できれば
ロングを狙います。

<ショートプラン>

Line-C、またはLine-Dを下抜けして
レジになる動きが出ればショートします。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。