Pocket

今日はポンド円の環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

7月は重要なレジサポラインを上抜け、
6月の高値を一旦更新しましたが、
ローソク足の実体はラインの下に潜ったままです。

そして、今月(8月)の足は、
そのラインを起点にして
大きく下落しました。

そして大きく下落したのち
下ヒゲを作り上昇しています。

週足の環境認識

次は週足です。

今週はLine-DからLine-Cへの流れでした。
あと1日でLine-Cを上抜けして確定すれば
上方向。
上抜けせずに、Line-Cで止まれば、
来週以降、戻り売りが入ることを想定しておきます。

日足の環境認識

次は、日足です。

日足の目線は下です。

週足レベルのレジに到達して上げ止まり
反応を見せています。

戻り売りポイントでもあります。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足の目線は上です。

ただ日足に書いたとおり、
週足レベルのレジに達して、
戻り売りが入っても不思議ではないポイントです。

ダウ目線の4時間足トレーダーでしたら、
目線が上なのでショートできません。

(日足戻り売りポイントでは4時間足の目線が逆でも
状況によってはトレードする。
という特例を予め決めていたらトレード可能)

サポレジメインの4時間足トレーダーでしたら
ショートが可能かもしれません。
(1時間足のサポレジ転換でショート)

このあたりがスタイル次第、基準次第で
変わってくるところです。

ここでは、ダウ目線の4時間足トレーダー
のプランを書きます。

<ショートプラン>

Line-Cを下抜け後のレジ反発確認でショートします。

<ロングプラン>

Line-Aを上抜けて、Line-Aをサポにする動きが
でたらロングします。

Line-Bまたは、Line-Bの少し下でサポ反発確認が
できればロングします。


※自分のトレード基準を作る上で、
トレード基準足を4時間足とした場合、
このようなケースをどうするのか。
を考えるいい例です。

完全に4時間足の目線に従うのか、
特例を作るのか。

正解はないです。
でも、これを考えることはとても大事です。


今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。