Pocket

今日はユーロ円(EURJPY)です。

月足の環境認識

まず月足です。

5月は月足で認識できるサポーとラインの124.06から
大きな下ヒゲを作り反発上昇していました。

6月は半値ほど戻し、
7月は陽線となり先月の高値を僅かに上抜けして確定したため
上方向の可能性もあると思いましたが、
5月の高値は上抜けできず、8月は一転大きく下落して、
124.06近辺で反転上昇して
今月は今のところ陽線です。

週足の環境認識

次は週足です。

週足は定義上は下降トレンドです。

Line-Bからの戻り売りが入るも
直近安値は更新できず、
Line-E近辺で反転上昇して今は主要なラインである
Line-Cも先週上抜けしています。


ただ上抜けした後に上髭を作りLine-Cまで戻って
きましたので、
再度下方向の流れを作る可能性もあります

ただ下から上がってきた背景を考えると
下からの圧力も強いです。

日足の環境認識

次は日足です。



Line-B近辺でダブルボトムを作って急上昇した後
戻り高値であるLine-Cを上抜け目線が上になっています。

日足でトレードするのであれば、
押し目買いポイントであるLine-Dに反応して
いますからこの流れに乗るのが良いです。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足の目線は波の定義次第で
上とも下とも判断できますが、
どちらというと下と見る方が多いでしょう。


日足の目線が上であるため、
4時間足の目線が上になってから
ロングで攻めるのが無難です。

<ロングプラン>

Line-Bを上抜け後のサポ反発でロングを狙います。

<ショートプラン>

Line-Dを下抜けして
4時間足の目線が下になったのを確認して、
レジになる動きが出ればショートします。

Line-Dを下抜けしても日足のダウ目線は
上のままですが、
重要なラインであるLine-CとLine-Dを下抜けした
ことで階層的に下に下がったと判断できます。




今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。