Pocket

今日はポンド円の環境認識とトレードプランです。

月足の環境認識

まず月足です。

7月は重要なレジサポラインを上抜け、
6月の高値を一旦更新しましたが、
ローソク足の実体はラインの下に潜ったままです。

そして、8月の足は、
そのラインを起点にして
大きく下落しました。

今月は若干上昇していますが、
流れは下方向のように見えます。

ただ、上昇して147.20ラインまで戻してから下降するシナリオも
あります。

週足の環境認識

次は週足です。

先週はLine-Cまで上昇しましが、
後半はそこから戻り売りが入り下落しました。
今週はその流れを受け一気にLine-Dまで
下落しました。
その後はLine-Dで反転上昇しています。

しばらく、
Line-CとLine-Dの間でレンジになるのか、
どちらかをブレークするのか。

というのがポイントになり、
レンジ内でトレードをするのか、
ブレーク後の
決着がついた方についていくことになります。

日足の環境認識

次は、日足です。

日足のダウ目線は下と認識される方が多いかもしれません。


ただ、この状態ではダウ目線を考えるより、
週足で書いたとおりのイメージを持っておいた方が
良いでしょう。

日足チャートのLine-GとLine-Cの間のレンジ、
Line-Gを上抜けすれば上
Line-Cを下抜けすれば下
と見るのが良いです。

4時間足の環境認識

次は4H足です。

4時間足のダウ目線は下です。

ただ日足に書いたとおり、
あまりダウの目線に拘る必要はない相場です。

4時間足チャートの
Line-AとLine-Cのレンジの上限で反発下落する動きが
あればショート
下限で反発上昇する動きがあればロング

Line-Aを上抜けしてサポ反発すればロング


Line-Cを下抜けしてレジ反発すればショート。

が安全なプランと考えます。

<ショートプラン>

Line-Aまで上昇してレジ反発でショートします。
または
Line-Cを下抜けしてレジ反発すればショートを狙います。

<ロングプラン>

Line-Bまで下降してサポ反発後にロングします。
または
Line-Aを上抜けしてサポ反発すればロングを狙います。


今回は以上です。



2018年5月からメールマガジンを始めました。
メルマガでは日々の環境認識についてのコメント情報、
FX基本講座の補足解説などの情報を
配信していきます。


無料勉強会、コンサル情報なども
案内させていただきます。